ねとはぴ!

腐女子よりなオタクコンテンツ・YouTuber情報を主に紹介しています(´ω`)ノ※当サイトのコピー・引用・転載・パクリは禁止していますm(_ _)m

【結末】「ネットに毒され過ぎた兄の末路」最終回までのネタバレ・レビュー!

20230812184441
引用元:ネットに毒され過ぎた兄の末路
 
今回は、「土井真希の実話な人々」さんというサイトでアップされている、

「漫画『ネットに毒され過ぎた兄の末路』の、最終回(結末)までのネタバレ&レビュー

をご紹介していきたいと思います!

 

「話のおさらいをしたい」

「これまでの話の流れを簡潔に知りたい」

という方はぜひご覧ください。

 

20211031021617

あらすじ・レビューにネタバレを含みます。

 

セリフは省略しているため一語一句同じではありません。

 

ご了承ください。

 

 

登場人物紹介

 

20211031021617

最初に、主な「登場人物」を紹介しておきます。

 

森永 栗太 (大3):兄、ネットに毒される

森永 くるみ(高2):妹、兄に引く

 

①大人しかった兄がネット毒され男に!?

 

※「1話~21話」辺りまで

 

高校二年生のくるみは、最近兄の栗太に頭を悩ませていました。

 

というのも、夏休みを利用して一時的に実家に帰ってきた大学生の栗太が、しばらく見ない内にすっかりネットに毒された男になっていたからです。

 

「母親は専業主婦なのに遊びで家を空けるとか信じらんねぇ!」

「カレーは庶民の食べ物だ!」

などと、くるみに向かって得意げにネットに影響されたようなことを話しまくる栗太。

 

くるみは元々大人しかった兄がそんな風に唐突に変わってしまったことに絶句します。

 

挙げ句の果てには、

「これからはネットビジネスの時代だ!俺と一緒にビジネスやりてぇってやつが多すぎてさぁ。

まぁ全員ネットで知り合った人で実際には会ったことないけど…俺をサポートしたいってやつなんていくらでもいるから!

それである程度貯金が貯まったらそれを投資に回してさ、三十歳までにはファイヤー(隠居生活)したいと思ってる!」

などと、夕飯の席で将来ネットビジネスをやりたいと豪語し始める栗太。

 

しかしあまりにも現実感のないそんな栗太の発言に、くるみも母親も父親も困惑します。

 

幸い父親がネットに明るかったため、

「お前のそれは夢物語だ…」

と栗太の発言がいかに無謀かをひとつずつ丁寧に説明していきますが、熱に浮かされた栗太は納得しません。

 

「だって俺はそこら辺の人間とは違うんだ!きっと俺には何かしらの才能がある!」

と、何故か根拠のない自信に満ち溢れている栗太。

 

そんな栗太に父親は、

「…とりあえず一度は就職しなさい。やりたいことはそのあとでもできるだろう」

と言い、栗太も最終的には父の言葉に渋々頷きますが、内心では、

『…父さんも所詮は昔の人間なんだな』

と父親を蔑んでいました。

 

そして、

『見てろ!大学卒業までに大金を稼いで、父さんに「俺が間違ってた」って言わせてみせる!』

と、間違った方向に意気込みを見せるのでした。

 

②俺も宝社長みたいになりたい!

 

※「22話~28話」辺りまで

 

栗太は、『宝社長』という人に憧れていました。

 

SNSでよく自分の裕福な暮らしぶりを投稿している宝社長。

 

しかし宝社長は顔を伏せてSNSをしているため、どんな人物なのか、何をしている人物なのか、何故そんなに裕福なのかはすべて謎に包まれていました。

 

そんな明らかに怪しい人物なのですが、宝社長に憧れている栗太は宝社長の表面的な部分しか見ていないためその怪しさに気付きません。

 

『いつか自分も宝社長みたいに成功者になるんだ!大金持ちになるんだ!』

と意気込む栗太は、ある日いてもたってもいられず、

『どうやったらあなたみたいになれますか?

俺を弟子にして下さい!

宝社長のようになれるんだったら、俺何でもやります!』

と、宝社長にコメントを送ってみます。

 

『…すごい人だから返信は来ないだろうな』

と返信はあまり期待していなかった栗太でしたが、意外にもすぐに宝社長からダイレクトメッセージが届きます。

 

驚いて栗太がダイレクトメッセージを開けると、中には、

『君面白いね。気に入ったよ!

よかったら個人的にセミナーをしてあげようか?』

と書かれていました。

 

「個人セミナー!?」

と驚愕する栗太。

 

しかしそのメッセージには続けて、

『セミナー代100万円用意できる?』

と書かれていました。

 

『…100万円なんてとても用意できない』

と落ち込む栗太でしたが、

『…でもこんなチャンス、二度と巡ってこない!』

と諦め切れない栗太は、父親が大事にしている腕時計をこっそりと質屋に持って行き100万円を用意してしまいます。

 

③憧れの宝社長と会う栗太

 

※「29話~32話」辺りまで

 

100万円を手にして、ドキドキしながら宝社長との待ち合わせ場所に出向く栗太。

 

待ち合わせ場所の喫茶店には、柄シャツを着た派手な出で立ちの男が待っていました。

 

「た、宝社長ですか!?」

と栗太が目を輝かせながら挨拶をすると、

「お、君が栗太君か!」

と、宝社長も人の良さそうな笑顔で挨拶を返します。

 

栗太は早速100万円を渡し、宝社長からビジネスのノウハウを受けます。

 

しかしそれは、

「僕の投稿を真似をして金持ちを装うこと。

それで近寄ってきた人に、『先生からのノウハウで稼いでいます。よかったら先生を紹介しましょうか?』と言い、伝授料として100万円をもらうこと。

そうすれば、その内の半分の50万円は君のものだ」

という、明らかに怪しい詐欺紛いの話でした。

 

この話にさすがに栗太も、

「えっと…これって…ビジネスなんですか?」

と若干顔を引きつらせながら怪しみますが、

「これはあくまでビジネスをやる上での基盤作りだから!

注目される人間になれば金儲けの方法なんて向こうから舞い込んでくるからね!」

となんやかんやと宝社長に丸め込まれ、

『なるほど…奥が深い…まずは俺という人間を社会に認知して貰うのか』

と、栗太も最終的には宝社長の言葉を鵜呑みにしてしまいます。

 

「とりあえず、まずは2人紹介してね!」

と宝社長に言われた栗太は、その日から金持ちを装う算段を始めるのでした。

 

④金持ちを装う栗太だったが…

 

※「33話~45話」辺りまで

 

宝社長から「ネットで金持ちを装うこと」と言われた栗太でしたが、いかんせん本当にお金を持っているわけではないため想像以上に金持ちを装うことに苦戦します。

 

ネットに何か金持ちっぽいものを投稿しようにも何もないため、仕方なく栗太はネットで拾ってきた金持ちっぽい画像を自分のものとして投稿します。

 

しかし当然ながら、

『これ○○さんの投稿写真やん!』

『無断転載www』

などのコメントが付き、すぐに嘘だとバレてしまう栗太。

 

それでも「嘘じゃねぇし!」とムキになって投稿し続けた結果、栗太はすっかり虚言癖のアカウントの人として面白おかしく拡散されてしまいます。

 

そんなことを繰り返している内に、どんどん進んでいく日にち。

 

栗太は、

「まずい、夏休み中に宝社長に2人紹介したかったのに…。

それに、あと2ヶ月以内に100万稼がないと質に入れた父さんの腕時計が取り戻せなくなる…」

と、成果の出ない現状にいよいよ焦り始めます。

 

⑤勘当される栗太

 

※「46話~51話」辺りまで

 

成果が出ないままもがく栗太は、ある日とうとう腕時計を質に入れたことを父親に知られてしまいます。

 

「何でこんなことをしたんだ!?」

「…ビジネスの基盤作りのために」

「お前はまだビジネスなんて言ってるのか!」

「うるさいな!俺の人生なんだから好きにさせてくれよ!」

と口論になる父親と栗太。

 

ちっとも反省の色が見えない栗太に、さすがにいつも温厚な母も、

「いい加減にしなさい!あなたがやったことは泥棒と一緒じゃない!

まず父さんにキチンと謝りなさい!」

と叱りつけます。

 

しかし栗太は、

「母さんは黙ってろよ!世間も何もわかってないくせに!

父さんがいないと生活もできない寄生虫のくせに!

人の金で遊んで生活させてもらって、だからネットでも専業主婦は無能とか言われてるんだよ!」

と、酷い言葉を母親に浴びせます。

 

実の息子にそんな風に思われていたなんてと、青くなって言葉を無くす母親。

 

そんな栗太の言葉に、父親は思わず栗太の頬を張り、

「母さんに謝りなさい!」

と激怒します。

 

しかし謝らず頑なに反抗的な態度を崩さない栗太に、

「…出ていけ、お前はもう俺たちの息子じゃない。

大学卒業までの学費は払ってやる、時計の金もくれてやる。

だがお前には二度と会わない」

と父親は静かに言い、栗太に勘当を言い渡します。

 

くるみは、そんな家族を涙を浮かべながら見ていました。

 

⑥壊れた家族

 

※「52話~69話」辺りまで

 

栗太に酷い言葉を投げつけられた母親は、あれから精神を病み床に伏せていました。

 

『このままじゃ家族が壊れちゃう…!』

と怯えたくるみはなんとか栗太を謝らせようと栗太の大学まで出向きますが、相変わらず、

「俺は悪くない!何も間違ってない!」

と言い張る栗太になす統べなく、説得は失敗に終わってしまいます。

 

ーーーーーー

 

一方、

「…このままでは宝社長に誰も紹介できない!成果を上げられない!」

と焦った栗太は、大学校内で誰彼かまわず勧誘を始めます。

 

しかし栗太の怪しい話には誰も耳を傾けません。

 

それどころかあまりにも大っぴらに怪しい勧誘をしたため、栗太は先生から注意を受け大学に親を呼ばれてしまいます。

 

栗太の大学に来た父親は先生に重々しく頭を下げて謝り、

「…もう大学は辞めさせます」

と話します。

 

これには栗太も慌てます。

 

「え!?大学を辞める?俺が?」

と焦る栗太に、

「…せめてもの情けで大学くらいはと思ったが、もういい。

部屋も解約する。

…本当にお前には失望した。もう一人で好きに生きてくれ」

と父親は静かに答えます。

 

栗太を見る父親の顔は、心底軽蔑した顔でした。

 

栗太はこの時始めて、父親に本当に見捨てられたことを知ります。

 

『なんやかんや親なのだからいつでも許してくれるだろう』

と甘く考えていた栗太は、この状況に静かに青ざめます。

 

⑦宝社長の本しょうを知る栗太

 

※「70話~79話」辺りまで

 

父親に見捨てられ、大学を辞めさせられて部屋も解約された栗太。

 

しかしそれでも尚栗太は、

『ビジネスで成功すれば父さんだって俺を認めてくれるはずだ!』

と、楽観的なことを考えていました。

 

『しかし、なんにしてもまずは住むところだ』

と考えた栗太は、宝社長に相談し住むところを紹介してもらいます。

 

宝社長が紹介してくれたのは、あんずという女の人の店でした。

 

栗太は早速あんずの店に向かいます。

 

「…いらっしゃい、上がって」

と出迎えてくれたあんずは、お腹の大きい妊娠中の女せいでした。

 

聞けばお腹の子は宝社長の子だと言います。

しかし、「結婚はしていない」というあんず。

 

栗太はそんなあんずの話に心底驚き、

「そんなことってあるんですか!?子供ができたら絶対結婚するものだと思ってました…」

とつい素直な気持ちを口にしてしまいます。

 

そんな栗太に、

「…君育ちいいでしょ、世間慣れしてなさそうだもんね。きっと大切に大切に育てられたんでしょうね」

と、あんずは少し切なそうに笑いながら答えます。

 

そんなことを言われたことがない栗太は、あんずの言葉に驚き頬を赤く染めます。

 

いたたまれなくなった栗太が、

「と、ところで俺なんの仕事するんすか?」

と話を変えると、あんずは、

「え?聞いてないの?

…男せい 同士のサービスの店だよ。いわゆる男◯ってやつ」

と答えます。

 

あんずのまさかの答えに、栗太はピシリと固まります。

 

「え!?は!?…無理っす、絶対無理!」

と慌てる栗太に、あんずは気の毒そうな顔をしながら、

「…んー、こっちも無理矢理働かせるわけにはいかないし。

よくわかんないけど、あんたはまだ引き返せるところにいるんじゃない?」

と、すれていない栗太にさり気なくやめるように促します。

 

『で、でも他に行くあてもないし…』

と栗太が途方に暮れていると、

「…あいつもね、昔はちゃんと働いてたんだ。会社も軌道に乗ってたし。金回りも良かったし。

でも2年前に業績悪化で会社が潰れてね。

今じゃ昔羽振りの良かった時に撮った写真SNSに上げてこすい商売始めちゃってさ」

と、あんずは宝社長についてぼやきます。

 

このあんずの話に、宝社長のことを純粋に信じていた栗太は目を丸くします。

 

そんな栗太に、

「え?…君まさか気付いてなかった?

あ、なんかごめん。あんな胡散臭いのさすがに気付いてるもんかと…」

と、あんずは引き攣りつつ栗太の夢を壊してしまったことを謝ります。

 

憧れの人、宝社長の嘘に気付いてしまった栗太。

 

「うわー!マジかー!」

と栗太は頭を抱えてショックを受けます。

 

宝社長の本しょうに気付いてしまった以上尚の事ここにはいられないと、栗太は行くあてのない不安を感じながらもとりあえずあんずに別れを告げてその場をあとにします。

 

⑧何もかも手遅れ

 

※「80話~84話」辺りまで

 

『自分は宝社長に騙されていた…。

父さんの言ってたこと、ちゃんと聞いておけばよかった…』

と反省した栗太は、行く宛もないため勇気を出して父親に電話をかけます。

 

電話に出た父親に、

『もしもし父さん!?出てくれてよかった!

俺騙されてたんだ!これからはちゃんと就活するから!だから…』

と捲し立てる栗太。

 

しかし父親は、

『…誰だお前は。俺に息子はいない』

と素気なく言い電話を切ってしまいます。

 

『…本当に絶縁なのかよ!?』

と青褪めた栗太は、母親にも電話をかけてみます。

 

しかし母親は電話に出ません。

 

仕方なく栗太は最後の頼みの綱、くるみに電話をかけてみます。

 

くるみは電話には出てくれましたが、

『くるみ!助けてくれ!俺騙されてたんだ!だから父さんと母さんをなんとか説得して俺をうちに帰れるようにしてくれないか!?』

と縋る栗太に一言、

『…もう遅いよ』

と告げます。

 

「何で今頃気付くんだよ…私が会いに行った時一緒に帰って謝っていればまだ間に合ったかもしれないのに…」

と悲しそうに続けるくるみに、

「謝るよ!何度でも謝るから!」

と、栗太は必タヒに頼み込みます。

 

行く宛がないからというのもそうでしたが、栗太はあんずに言われた言葉でいかに自分が大切に育てられてきたのかをようやく自覚し、本気で両親に謝るために帰りたいと思っていたのでした。

 

しかし、時すでに遅し。

 

結局くるみにも、

「…兄ちゃん、バイバイ。元気でね」

と言われ電話を切られてしまいます。

 

大学に行けなくなり、住む場所も追われ、憧れだった人も消え、家族にも見放されて完全にすべてを失った栗太。

 

自業自得とはいえ、栗太がネットに毒された代償はあまりにも大きかったのでした。

 

 

⑨後悔してももう元には戻らない

 

※「85話~最終回」まで

 

兄に別れを告げたくるみは、その後しばらくしてから、

『国民生活センターに相談に行った。

期間工で働くことになった』

という兄からのメッセージを受け取ります。

 

どうやら心を入れ替えて真面目に働くことにした様子の兄。

 

そんな兄にくるみはホッとするものの、そのことを父と母には言えずにいました。

 

というのも、兄のことは家の中で完全に口にしてはいけない雰囲気になっていたからです。

 

幸い気を病んでいた母は徐々に回復し最近ではまた笑顔を見せるようになってきていましたが、父の方はまだ全然栗太を許してはいない様子でした。

 

そんな両親を刺激することもないだろうと、くるみも兄のことに関しては口を閉ざしていました。

 

しかし、元々は仲が良かった家族。

 

くるみは小さい頃のぶっきらぼうながらも優しかった兄を思い出しつつ、

『…どうしてこんなことになったんだろう』

とひとり涙を零します。

 

一方その頃、期間工で働き始めた栗太もまたひとりで暮らす狭い部屋の中で、

『俺は何もかも間違えた…。

疎ましく感じていた家族といた頃が実は一番幸せだったんだ。その幸せに気付かずに俺は…』

と、後悔の涙を流していました。

 

誰でも気軽に楽しめるネット。

しかし、その一方で多くの危険をはらんでいるネット。

 

栗太はすべてを失ってから、ようやくそのネットの恐ろしさに気付いたのでした。

 

おわり

 

※ここまでの漫画が読みたい方は下のリンクから飛べます↓ 

「ネットに毒され過ぎた兄の末路」の一覧

 

 

レビュー・感想

 

※このレビューは8話を読んだ時点で書いています

※最終回を読んだあとの追記あり

 

わーお、腹が立ちそうな香りがプンプンするお話ですねぇ。笑

 

ネットに毒された人は危険です。

 

でも私、このお話の栗太のようにネットに毒されてしまう人の気持ちもわかる気もするのですよね。

 

というのも私も一時期5ちゃんねるや5ちゃんまとめサイトなどを見るのが好きでよく見ていたのですが、その時は相当ネットに毒されていたと思うので。笑

 

ネットに毒されるのは危険ですね。

今まで何とも思っていなかったものまで急に敵に見えてしまったりしますからね。

どんどんいろいろなものが嫌いになったり怖くなったり許せなくなったりしてしまいます。

 

私は途中で、

『これは…刺激的だけど精神衛生上ものすごく良くない!』

ということに気付き、そういった毒されそうなものを見るのはキッパリとやめるようにしましたが…

さて、果たしてこのお話の栗太はやめることができるのでしょうか?

 

続きが気になります!

 

※追記(2024年2月12日)

最終回まで読み終わりました。

 

まさかのバッドエンドでしたね。

もう少し救いがある展開が来るのかと思いましたが…。

結局家族とは和解できずに終わるのですね。

でもそれもある意味リアルに感じます。

こんな感じで破滅してしまった家族、世の中に結構にいそうですしね。

ネットは本当毒されやすいというか…洗脳されやすいところがあるので。

 

しかし栗太は期間工として真面目に働き始めたみたいですし、くるみとも連絡は取り合っているみたいなので、『いつかは家族に許される時が来るのでは?』と思わせてくれる最後になっていてまだ救いを感じました。

 

同じ作者の漫画↓

「つわりってそんなにツラいかぁ?今まで通りのごはん作ってくれよ…

料理上手な妻のごはんを食べることが大好きなけんと。

しかし妊娠してから妻の料理は質素になった。

そんな現状にけんとは我慢ならず…?

 

「飯飯飯飯うっせーわ! 

www.netohapi.com

 

 

「杏ちゃんは優しいから何でも譲ってくれるよね?」

罪悪感など一切なく友達の婚約者を奪うサイコパスな宇美。

そんな宇美についに杏の報復が始まる!?

 

「アンティークドールの面の下

www.netohapi.com

 

 

「俺が全部食べてあげる!」

付き合った彼氏は“食い尽くし系”だった!

マルは彼氏の食い尽くしを治すことができるのか!?

 

「女は少食で然るべき

www.netohapi.com

 

 

「モテ度=人の価値なのよ!」

女は綺麗でモテなければ意味がないと豪語するモテ女子“まみ”に、苦笑いをしながらも付き合う非モテ女子の“鳩山”。

しかしまみは整形美人だった!それを知った鳩山と周囲は…?

 

「人の価値はモテ度で決まる!?

www.netohapi.com

 

 

「本当にレイちゃんは何にもできないなぁw」

妻を無能扱いし、自信喪失させて洗脳する夫。

レイは無事夫の洗脳から抜け出せるのか!?

 

「妻の不幸を喜ぶ夫

www.netohapi.com

 

「夫なんかもう怖くない!私はこのお金で息子と2人で暮らす!

夫のモラハラに悩む加奈子は、ある日宝くじで3億円を当ててしまい…?

加奈子は夫に3億円のことをバレることなく、無事離婚できるのか!?

 

「宝くじで3億円当たりました」(完結済)

www.netohapi.com

 

 

「子供が欲しい!

そう願い続けた夫婦についに待望の赤ちゃんができる。

…しかし残念ながら妻は流ざんしてしまう。

流ざんしてから、どこか妻はおかしくなり…?

 

「僕たちは親になりたい」(完結済)

www.netohapi.com

 

 

「俺は家事も育児もしていた!何がダメだったんだ!?

ある日突然、妻に出ていかれた和樹。

和樹は己の無自覚モラハラに気づくことができるのか…?

 

「僕と帰ってこない妻」(完結済)

www.netohapi.com

 

 

「モラハラ夫は99%変わらない」

でも私の夫はきっと変わってくれるはず!

残り1%に賭けた彩の運命とは…!?

 

「99%離婚 モラハラ夫は変わるのか」(完結済)

www.netohapi.com