ねとはぴ!

腐女子よりなオタクコンテンツ・YouTuber情報を主に紹介しています(´ω`)ノ※当サイトのコピー・引用・転載・パクリは禁止していますm(_ _)m

【結末】「夫のしたいが消えている」最終回までのネタバレ・レビュー!

20240210014028

引用元:夫のタヒ体が消えている
 
今回は、『ちなきちDiary』さんというサイトでアップされている、

「漫画『夫のタヒ体が消えている』の、最終回(結末)までのネタバレ&レビュー

をご紹介していきたいと思います!

 

「話のおさらいをしたい」

「これまでの話の流れを簡潔に知りたい」

という方はぜひご覧ください。

 

20211031021617

あらすじ・レビューにネタバレを含みます。

 

セリフは省略しているため一語一句同じではありません。

 

ご了承ください。

 

 

登場人物紹介

 

20211031021617

最初に、主な『登場人物』を紹介しておきます。

 

雲下 春子(40):妻

雲下 太郎(52):モラハラ夫

雲下 夏美(16):娘

 

冬木(16):夏美の彼氏

秋倉(26):若い常連さん

桑田    :初老の常連さん

 

①太郎のモラハラに悩む春子

 

閉鎖的な村で、夫の太郎とふたりで食事処を営んでいる春子。

 

常連もつき毎日笑顔で店を切り盛りする春子でしたが、そんな春子は影で太郎のモラハラに悩んでいました。

 

店の経営が年々苦しくなっているためか、そのストレスを春子にぶつけてくる太郎。

 

太郎は酒を飲んでは暴れ、春子だけではなく娘の夏美にもきつく当たります。

 

春子は力の強い太郎に歯向かうことができず、夏美を守ることができない自分にいつも不甲斐なさを感じていました。

 

②心配する常連客の秋倉

 

そんなモラハラをされている春子や夏美を心配するひとりの常連客がいました。

 

その常連客は、秋倉という26歳の青年でした。

 

秋倉は客にもわかるようなあからさまなモラハラをしている太郎を警戒し、春子や夏美を助けようと何かと2人に手を差し伸べてきます。

 

春子はそんな秋倉の存在が徐々に心の支えになっていきます。

 

一方夏美は、

「…どうして私たちにそんなに関わろうとするんですか?」

と、妙に親切な秋倉を少し警戒します。

 

夏美に尋ねられた秋倉は、

「…さぁ、どうしてだろうね」

とどこか意味深に言葉を濁し、

「何か困ったことがあったら連絡して」

と、自身の連絡先を書いたメモを渡して去っていきます。

 

③彼氏と引き離された夏美

 

子供の頃からモラハラ気味で、最近は店の経営不振からか特にモラハラが酷くなっている太郎。

 

夏美はそんな父親の太郎を嫌悪し、

『お母さん…あんなやつと早く離婚すればいいのに』

と内心で悪態を付いていました。

 

しかし、

『…でも、たぶん離婚できないのは私のせいだよね。

私がまだ学生でお金がかかるから、離婚したらお金に困るから』

と母親が父親から逃れられないのはおそらく自分のせいだろうと、夏美は自分のことを責めてもいました。

 

そんな八方塞がりな日々の中、夏美の唯一の癒やしは彼氏の冬木の存在でした。

 

自分のことを大切にしてくれる冬木。

 

夏美は、

『同じ男でもうちの父親とは大違い』

と、冬木の優しさに救われていました。

 

しかし、ある日冬木は夏美に何も言わずに村から引っ越してしまいます。

 

夏美は自分に何も言わずに突然姿を消した冬木に困惑します。

 

スマホで連絡を取ろうにも連絡がつかず絶望する夏美でしたが、ある日冬木が突然姿を消したのは太郎のせいだということがわかります。

 

どうやら太郎がお金欲しさに、

「うちの娘がおたくの息子に妊娠させられた!どうしてくれる!」

と冬木の両親に嘘をついて詰め寄り、その嘘を鵜呑みにした冬木の両親が太郎にお金を払ったのち狭い村で噂が広まるのを恐れて引っ越して行ったようです。

 

冬木が自分の目の前から消えたのはすべて太郎によって仕組まれたことだと知り、夏美はより一層太郎が憎くなります。

 

④太郎を●した夏美

 

そんなある日、夏美は母親に拳を振るう父親の姿に耐えられなくなり、突発的に椅子を持ち上げて太郎の後頭部を強打してしまいます。

 

打ち所が悪かったのか、声も出さずにそのままドサリと床に倒れ込む太郎。

 

『…やってしまった』

と、夏美と春子は顔を見合わせます。

 

『私、何てことを…!』

と遅れて動揺する夏美に、

「…大丈夫だから!あなたは何も心配しなくていいから!」

と春子は震えつつ夏美を宥め、とりあえず証拠隠滅のために太郎のタヒ体を店の大きな冷蔵庫の中へと隠します。

 

⑤夫のタヒ体が消えている

 

春子は店に来る常連客に、

「夫は具合を悪くして…奥の部屋で寝ているんです」

と嘘を吐き、太郎のタヒ体を店の冷蔵庫に隠したまま店を開けます。

 

しかし、

『いつまでも冷蔵庫の中に隠しておくわけにもいかない…』

と春子が焦る中、ある日店の常連客が、

「親父さんの見舞いに来ました」

と、営業時間外に店にやって来てしまいます。

 

その常連客は、桑田という初老の男せいでした。

 

春子は『マズイ…!』と思いつつ、

「夫はあれから入院して…だから今家にいないんです!」

としどろもどろで話し、桑田に早く帰ってもらおうとします。

 

咄嗟に吐いた嘘でしたが、

「そうだったのか…」

と桑田は納得して帰ろうとします。

 

ホッとする春子。

 

しかし帰ろうと踵を返した桑田は、

「…そうだ!野菜を持ってきたんだ、あと漬物も。あとでみんなで食べて。

とりあえず適当に入れとくから」

と急に方向転換をし、春子が止める間もなく店の冷蔵庫を開けてしまいます。

 

『あっ!!』

と心の中で悲鳴を上げる春子。

 

ギュと目を瞑り、

『終わった…』

と絶望する春子でしたが、意外なことに桑田は何も言わずにそのまま野菜を冷蔵庫に入れて普通に帰っていきます。

 

何が起こったのかわからず呆然と立ち尽くす春子。

 

春子は桑田が帰ったあとに恐る恐る冷蔵庫を開けてみます。

 

すると、そこにはあるはずのタヒ体がなくなっていました。

 

『どうして!?そんなバ力な!』

と驚愕する春子は、

『…まさか、あの人生きてるの!?』

と、太郎がまだ生きている可能せいを考えて別の意味で青ざめます。

 

 

⑥太郎は生きてた!?逃げる春子と夏美

 

春子は夏美に冷蔵庫からタヒ体が消えたことを話し、太郎が報復しに来るのではと警戒します。

 

『生きているとすれば、相当私たちを恨んでいるはず…。

夏美のことだけは何としてでも私が守らなきゃ!』

と、春子はその日怯える夏美と共に同じ部屋に寝ることにします。

 

すると真夜中、店の厨房から何やらガサゴソという物音が聞こえてきます。

 

ビクリと目を覚ます2人。

 

『…あの人が来たの!?』

と震える春子でしたが、 

『夏美を守らなきゃ!』

と、春子は「ここを動かないように」と夏美に言い聞かせて震える足で厨房へと向かいます。

 

厨房に行くと、そこには食品を漁っている太郎がいました。

 

『やっぱり生きてた!?』

と怯える春子。

 

そんな春子に気が付いた太郎は、

『…悪いな、起こしちまったか?腹が減ってな』

と、どこか不気味な笑顔で話します。

 

その妙に冷静な太郎の姿に、春子は恐怖を感じて固まります。

 

そんな春子を余所に太郎は、

『…夏美はどこだ?夏美に話がある』

と、奥の部屋へと向かって行ってしまいます。

 

『いけない…!』

と思った春子は、何とか恐怖を抑え込み、

「夏美!!逃げて!!」

と大声で叫びます。

 

母親の声に、様子を伺っていた夏美は慌てて外へと飛び出していきます。

 

そんな夏美を、

「なんだ?鬼ごっこかぁ?」

と笑いながら追いかけて行く太郎。

 

春子は、

『どうしよう!…自分だけではどうしようもできない!』

と焦り、咄嗟に常連客の秋倉に電話をかけて助けを求めます。

 

⑦太郎を村から追い出すことに成功

 

春子の連絡に急いで車で駆け付けた秋倉は、追われる夏美を救出し、その後春子とも合流して追ってくる太郎から逃げます。

 

しかし、しつこい太郎はどこまでも執拗に追いかけてきます。

 

『こっちは車なのに…!』

と一同が太郎の執念に怯える中、ある意外な人物が助けに来てくれます。

 

その人物は、初老の常連客の桑田でした。

 

ぞろぞろと村の住人たちを引き連れて春子たちを追う太郎を襲撃し、その身を拘束する桑田。

 

太郎は意外な人物の登場に驚き、そして各々手に棒やクワを持った村の住人たちに身の危険を感じて慌てます。

 

そんな太郎に、

「…ずっとこの時を待っていた。お前に報復する時を。

そのために俺と浩一は常連客を装ってお前の店に通い、ずっとタイミングを見計らっていたんだ」

と、桑田は冷たい目で言い放ちます。

 

浩一というのは秋倉の名前でした。

 

桑田は、

「こいつは昔、ある女を孕ませて捨てた。

その女の叔父が俺で、息子が浩一だ」

と続けます。

 

初耳の話に春子と夏美は驚きます。

 

桑田と秋倉は共に太郎に恨みがあり、その恨みを晴らすために今日までずっと太郎のことを見張っていたのでした。

 

すぐに行動に移さなかったのは、春子と夏美のことを想ってでした。

 

『あんな男でも春子さんと夏美ちゃんにとっては一緒に暮らす家族。

そんな家族を私的な恨みで引き離していいものか…』

と悩んだ2人は、すぐには行動に移さずその代わり、

『何かあったらすぐに動けるように』

と、今まで太郎を見張りながら時期を待っていたのでした。

 

そんな中、今回の騒動が起きます。

 

桑田と秋倉は、

『あの男は春子さんと夏美ちゃんには不要な人物だ』

と判断し、

『今こそ好機だ!』

と、太郎への報復を始めることにしたのでした。

 

「お前が今感じている恐怖は春子さんや夏美ちゃんや村のみんな、そして浩一がずっとお前に対して感じていた恐怖だ」

と恨みの籠もった目で話す桑田に、

『…マズイ、これから何をされるんだ!』

と太郎は青褪めます。

 

しかし太郎の怯えに対し桑田は、

「安心しろ、お前がやったことに比べたら生ぬるい。

…金輪際村に足を踏み入れるな!」

と、太郎を村から追い出すだけで許す慈悲を与えます。

 

桑田や村人たちから散々怯えさせられた太郎は、桑田に与えられた慈悲に一目散に村から逃げていきます。

 

 

⑧春子と夏美に平和が訪れる…?

 

太郎が村から出て行ったあと、春子は代理人を通して離婚の手続きをします。

 

太郎が目の前からいなくなったものの、春子は法的にもキチンと太郎から解放されようとしていたのでした。

 

一方、夏美は村に戻ってきた冬木と再び付き合うことになります。

 

一度は、

「世間体を気にする親に逆らえなかった…」

と黙って村から出て行った冬木でしたが、

「…でも夏美のことが忘れられなかった!」

と、冬木は夏美に会いに再びひとりで村に戻ってきてくれたのでした。

 

そんな冬木に夏美は感動し素直に喜びます。

 

『暴カ的だった父親もいなくなって、優しかった冬木も戻ってきてくれた』

何もかも順調に思えた夏美でしたが、その一方で夏美は言い様のない不安感に襲われていました。

 

お父さんは本当にもうこの村には戻ってこないのか。

 

私とお母さんの前に姿を現すことはないのか。

 

…あんなに執着していたのに?

 

そもそもお父さんはどこへ行ったのか?

 

どこかで生きているのか、それとも…

 

父親への不信感を募らせる夏美。

 

それと同時に、夏美はこの村の住人たちにも微かな不信感を覚えていました。

 

あんなことがあったのに、その後何事もなかったかのように平然と母親の店へと通って来る村の住人たち。

 

『やっぱりこの村はどこかおかしいのでは…?』

そんな薄気味悪さを感じる夏美は、

「…冬木、卒業したらこの村出ようね」

と冬木に話し、そう遠くない未来にこの村から脱出することを固く決意するのでした。

 

おわり

 

※ここまでの漫画が読みたい方は下のリンクから飛べます↓ 

「夫のしたいが消えている」の一覧

 

 

レビュー・感想

 

※このレビューは173話まで読んだ時点で書いています

※最終回まで読んだあとの追記あり

 

『隠しておいたタヒ体が消えている!消えたタヒ体はどこへ!?』

というミステリー漫画かと思いきや、途中からなんだかゾンビ漫画みたいになっていって目が点になりました。

 

いや『●したはずの太郎が実は生きていた!?』という辺りまではまだいいのですが、そのあとの太郎が春子や夏美たちを追いかけるシーン。

このシーンから明らかに、太郎を普通の人間のように絵描いていないのですよね…。

 

『何でこいつ●したのに生きてるの!?』

『何で車で轢いたのにピンピンしてるの!?』

『何で車のスピードについてこれるの!?』

『何でいつも先回りできるの!?』

『何でどこにでも現れるの!?』

『お父さんは本当にお父さんなの!?何だか違和感が…』

などと、明らかに“太郎は普通ではない”、“もしかして人ではない!?”みたいな絵描き方をしているので、

『…あぁ、これはもしかしたらゾンビものなのかな?

村の人たちは実は全員ゾンビの血を引いているとか?そういう感じの話?』

とこの漫画の認識を改めようとしたら、161話の、

『なんで俺がここまでタフなのか教えてやるよ。

俺をコケにした奴は許さない…そういう執念があるからだ!』

という太郎のセリフで一気に、

「ズコーーーーーーーーー!_(┐「ε:)_ 」

っとなりました。

 

なんだよ!笑

『なんで俺がここまでタフなのか教えてやるよ』

とか言うからてっきり『実は人間じゃない』的な種明かしがくるのかと思いきや、

『俺をコケにした奴は許さない…そういう執念があるからだ!』

…って何だよ!!笑

 

ただの執念なのかよ!

結局ただの人間なのかよ!

もう本当、全然わからない!笑

 

もう結構、全体的にわからない。

 

これちなきちさんの漫画の中でもぶっちぎりでカオスな漫画なのでは…。

 

※161話を確認したい方は下のリンクから飛べます↓ 

「夫のしたいが消えている」の一覧

 

※追記(2024.2.15)

『………終わっちゃった!!?』

↑最終回を読んだあとの率直な感想

 

『次回最終回!』などの予告もなかったため、本当にいきなり終わった感じがして驚きました。

 

まだもう1回くらい太郎が春子たちに絡んでくる展開があるのかと思ったのですが…特に何もなく終わりましたね。

まぁこれ以上続けようがないのかもしれませんが…。

 

なんというか、

『…これは話を決めずに描いているのかな?』

と思うくらい、終始どこに向かっているのかわからない感じの漫画でしたね…。

 

なかなかにカオスでした。

 

同じ作者の漫画↓

「20代の俺が希少癌に…?

癌を告知された一児の父の梶原。

腫瘍を摘出すると食事も瞬きもできない身体に…?

『妻と娘に迷惑はかけられない』と離婚を決意する梶原だったが…

 

※ちなきちさんが話の途中で突然全話を削除してしまった幻の作品(未完)です。

削除される前までの話のあらすじをまとめてあります。

 

「パパの背中に花束を。

www.netohapi.com

 

 

「パパいや!あっちいけ!!

反抗的な幼い娘に苛立ち「そうかよ!もういい!香奈もあっちいけ!」と怒鳴ってしまった父親。

その日から娘の姿が消え…?

 

「パパいや あっちいけ。

www.netohapi.com

 

 

「課長が…可愛すぎる生き物に!!///

ある日催眠術をかけられ課長が可愛い生き物に見えるようになってしまった片瀬。

可愛すぎる生き物を前にセクハラ一歩手前の片瀬は、無事理性を保ち続けられるのか!?

 

「うちの課長が可愛すぎる!!

www.netohapi.com

 

 

「あなたは今日から2つの家庭のパパになるの…

妻の友達のモネと関係を持ってしまったヒナタ。

ある日モネは赤ちゃんを抱いてヒナタ家に現れ…?

 

「妻の友達を抱いたけど僕は妻を愛してる

www.netohapi.com

 

 

「夫なんかもう怖くない!私はこのお金で息子と2人で暮らす!

夫のモラハラに悩む加奈子は、ある日宝くじで3億円を当ててしまい…?

加奈子は夫に3億円のことをバレることなく無事離婚できるのか!?

 

「宝くじで3億円当たりました」

www.netohapi.com

 

 

「子供が欲しい!

そう願い続けた夫婦についに待望の赤ちゃんができた!

…しかし残念ながら妻は流ざんしてしまう。

流ざんしてから妻はどこかおかしくなり…?

 

「僕たちは親になりたい」

www.netohapi.com

 

 

「俺は家事も育児もしていた!何がダメだったんだ!?

ある日突然妻に出ていかれた和樹。

和樹は己の無自覚モラハラに気づくことができるのか…?

 

「僕と帰ってこない妻」

www.netohapi.com

 

 

「私物がなくなる…まさかママ友が盗んでるの!?」

ママ友だと信じていた人は実はとんでもない裏の顔をもっていた!

彼女が盗みを働く理由とは…?

 

「その人って本当にママ友ですか?」

www.netohapi.com

 

 

 

「アンチを訴えてやる!

なんと漫画家ちなきちさん御本人が主人公のお話!

ちなきちに執拗に絡むアンチはいったい誰なのか?

果たしてちなきちはアンチに勝てるのか!?

 

※ちなきちさんが話の途中で突然全話を削除してしまった幻の作品(未完)です。

削除される前までの話のあらすじをまとめてあります。

 

「誹謗中傷を繰り返すアンチを訴えてみた」

www.netohapi.com

 

「モテ度=人の価値なのよ!」

女は綺麗でモテなければ意味がないと豪語するモテ女子“まみ”に、苦笑いをしながらも付き合う非モテ女子の“鳩山”。

しかしまみは整形美人だった!それを知った鳩山と周囲は…?

 

「人の価値はモテ度で決まる!?

www.netohapi.com

 

 

「俺が全部食べてあげる!」

付き合った彼氏は“食い尽くし系”だった!

マルは彼氏の食い尽くしを治すことができるのか!?

 

「女は少食で然るべき

www.netohapi.com

 

 

「モラハラ夫は99%変わらない」

でも私の夫はきっと変わってくれるはず!

残り1%に賭けた彩の運命とは…!?

 

「99%離婚 モラハラ夫は変わるのか」

www.netohapi.com

 

www.netohapi.com