ねとはぴ!

腐女子よりなオタクコンテンツ・YouTuber情報を主に紹介しています(´ω`)ノ※当サイトのコピー・引用・転載・パクリは禁止していますm(_ _)m

「僕と帰ってこない妻」1話~最終話(完結)のあらすじ・感想

20220801033152
※画像はイメージです
 

※注意

「僕と帰ってこない妻」は、現在連載中のため、あらすじは現在の最新話までのものになっておりますm(_ _)m

 

定期的に記事を更新し、あらすじを追記していきたいと思っています!

 

 

 

「僕と帰ってこない妻」

というweb漫画を、「ちなきちDiary」さんというサイトで読んでいるのですが…

 

20211031021617

この漫画…

 

とっても長い!!

 

1話、4コマ漫画ならぬ10コマ漫画という形式で描かれている漫画なので、各話の話は短く、すぐ読めてしまうのですが…

 

いかんせん、夫婦2人がすれ違っている話が、延々ずーーーっと続くので、なんだかとーっても長く感じてしまいます。汗

 

読んでいると、

 

20211031021617

早く進展してぇ~!

 

いつになったら、妻は報われるのおぉぉ!?

 

いつになったら、夫は妻の気持ちに気付くのおぉぉぉぉ!?

 

と思って、ヤキモキしてしまいます。笑

 

面白いからドンドン読んでしまうのですが、やはりこうもなかなか進展しないと、少々読むのが大変です…。

 

なので、ちょっと何話か飛ばして読んでみたりもしたのですが、このお話、

・夫目線・妻目線で、同じ話を繰り返している

・数年前と現在を、行ったり来たりしている

ため、ちょっと話を飛ばして読むと、

 

20211031021617

あ、あれ…この話前に読んだっけ?

 

ループしてる!?

 

ど、どこまで読んだんだっけ…???

 

と、結構混乱します。笑

 

ということで、今回は、

「引き伸ばしすぎていて、追えなくなってきてしまった…」

「これまでの要点だけを簡潔に知りたい」

「最新話までのおさらいをしたい!」

などの人のために、

「『僕と帰ってこない妻』1話~最終話(完結)までのあらすじ&感想

をご紹介していきたいと思います。

 

20211031021617

450話近くを、ザックリとまとめました!

 

あらすじに、ネタバレを含みます。

 

セリフは省略しているため、一語一句同じではありません。

 

ご了承ください。

 

 

登場人物紹介

 

20211031021617

主な登場人物を、一応紹介しておきます。

 

ただ、これら全員の登場人物に触れてあらすじを書くと、膨大な量になってしまうので…

 

あらすじは、主に「夫」と「妻」の2人に絞って、極力シンプルに書いています。

 

倉田 和樹(26):夫、ちょっと無神経

倉田 雪穂  :妻、自尊心低め

倉田 結   :娘、赤子

 

温田    :和樹の先輩、いい人

花田    :和樹の同期、いい人

冷田    :和樹の上司、モラハラ気味

塩田    :和樹の同期、男尊女卑気味

美田    :和樹のママ友、いい人

 

①夫、和樹目線で語られる家族のこと

 

「1話~214話」辺りまで

 

 

大手企業に勤めるサラリーマンの和樹は、仕事にやる気を見出せずにいました。

 

そんな中、妻の雪穂は、楽しそうにバリバリと仕事をしています。

 

和樹は、そんな雪穂に密かに劣等感を抱いていました。

 

 

そんなある日、雪穂が妊 娠します。

 

妊 娠を期に、仕事を辞める雪穂。

 

和樹は、子供ができて嬉しく思う反面、

「これからは、自分一人で家計を支えていかなければいけない…」

ということに、プレッシャーを感じていました。

 

只でさえやる気が見出せない仕事なのに、

「俺が頑張らないと…」

と、無理をする和樹。

 

和樹は、だんだんとストレスが溜まっていきます。

 

そして、次第にそのストレスを、

「俺は、働いているから偉い!」

「雪穂は、働いていていないから俺よりも下!」

と思うことで、なんとか発散させていました。

 

だんだんと、雪穂を下に見ていることを本人にも隠さなくなっていく和樹。

 

和樹は、

「家事も育児も、雪穂がやるのは当然!

だって働いていないのだから。

むしろ、働いているのに、家事や育児をたまに手伝ってやっている自分は、なんて偉いのだろう!」

と、思っていました。

 

そんなある日、雪穂は突然家を出て行ってしまいます。

 

まだ、幼い娘の結と共に自分の実家に帰ってしまった雪穂。

 

和樹は、

「俺は、家事も育児も手伝っていた…。

何がダメだったんだ…」

と、途方に暮れます。

 

②和樹、雪穂に出て行かれ反省する

 

215話~235話辺りまで

 

※ここまでの漫画が読みたい方は、下のリンクから飛べます↓

「201話~250話」のリンク

 

雪穂に出て行かれた和樹は、周りの人からの助言もあり、次第に自分のしでかしたことを理解し始め、反省します。

 

そして、勇気を出して雪穂を迎えに行きます。

 

③妻、雪穂目線で語られる家族のこと

 

「236話~385話」辺りまで

 

※ここまでの漫画が読みたい方は、下のリンクから飛べます↓

「201話~250話」のリンク

「251話~300話」のリンク

「301話~350話」のリンク

「351話~400話」のリンク

 

時は少し遡り、和樹を見限って家を出た直後の雪穂。

 

雪穂は、実家に身を寄せながら、出会った頃の和樹のことを思い出していました。

 

出会った頃の和樹は、雪穂のことを、

「かわいい!」

「すごい!」

と、素直に褒めてくれる、とても天真爛漫な男でした。

 

微妙な毒親のせいで、自尊心が低いまま育った雪穂にとって、和樹の言葉はとても新鮮なものでした。

 

だんだんと、和樹の言葉に心を溶かされていく雪穂。

 

いつの日か、雪穂は和樹の言葉に自信をつけ、なんでも挑戦できる女になっていました。

 

「カズ君のおかげで、私は変われた!」

と、雪穂は嬉しくなります。

 

 

和樹は、結婚、育児に関しても、

「俺は、結婚したら、仕事よりも家族を大事にしたい!

子供の成長を見守りたい!」

と、雪穂と似た価値観を持っており、

「こんな彼なら、きっと大丈夫!」

と、雪穂は、和樹との結婚を決意します。

 

 

しかし、いざ結婚してみると、和樹は、家事も育児もろくに手伝ってはくれず(本人は手伝っているつもり)、挙げ句の果てには、働いていない専業主婦の雪穂のことを下に見てきます。

 

雪穂は、

「話が違うじゃんか…」

と、悲しくなります。

 

和樹の無神経な言動や、あからさまに自分を下に見てくる態度、産 後に調子を崩している自分に無関心なところや、家事にも育児にも協力してくれない姿勢に、雪穂は、だんだんと精神的にも肉体的にも疲弊していきます。

 

和樹によって上げられた雪穂の自尊心は、いつの間にか、再び和樹によって下げられていました。

 

しかし、何より雪穂が許せなかったのは、和樹の結に対する態度でした。

 

和樹は、自分の娘である結に、まったく興味を示しませんでした。

 

結が泣いていようが、気にならないのか放っておく和樹。

 

抱き上げようとも、あやそうともしません。

 

雪穂にせっつかれると面倒をみることもありますが、嫌々やっているのが丸わかりです。

 

いつまで経っても、父親になってくれない和樹。

 

雪穂は、なんとか結に興味を持ってもらおうと、あの手この手を尽くしますが、和樹は一向に結に興味を示しません。

 

そんな和樹に、いつしか雪穂は諦めてしまいます。

 

「もう、カズ君に期待するのは止めよう…。

いい妻を演じるのも止めよう。

結のことだけを考えよう」

と、和樹に冷たく当たるようになる雪穂。

 

雪穂は、いつしか和樹への呼び方も、「カズ君」から「パパ」に変え、本格的に和樹と一線を引くことにします。

 

 

一方、突然冷たくなった雪穂に焦ったのか、急に結の世話をするようになる和樹。

 

しかし、和樹も元々仕事で疲れているためか、育児はなかなかうまくいきません。

 

ミルクの瓶を倒してしまった結に怒鳴ったり、おむつ替えの時に、足を引っ張りすぎて結の股関節を損傷させてしまったりします。

 

そんな和樹に、

「私がパパに冷たくしたから…?

だから、そのしわ寄せが結に…!?」

と、青くなった雪穂は、

「結が傷つくのだけは耐えられない!!」

と、その日から、また良き妻を演じるようになります。

 

「自分さえ我慢すれば、結を守れる…!」

と、ボロボロの身体で、再び家事と育児を頑張る雪穂。

 

しかし、結の誕生日に飲み会を入れ、結よりも会社の人を優先させた和樹に、雪穂はついに張りつめていた糸がプッツリと切れてしまいます。

 

その日、雪穂は結を連れて家を出ます。

 

 

 

20211031021617

すみません。

 

この記事で、最終話までまとめようかと思っていたのですが…

あらすじを追記していたら、思いの外ページが重くなってしまったため、汗

続きは、こちらにまとめました↓

【僕と帰ってこない妻】最後(結末)どうなる!?あらすじまとめ・レビュー

 

続きでは、

  • ④雪穂、自分の両親を見て和樹と向き合うことを決心(386話~394話)
  • ⑤和樹と雪穂、ついに向き合う(395話~420話)
  • ⑥変わろうとした和樹、そんな矢先…(421話~最新話)
  • 感想

をまとめてあります!

 

お手数ですが、続きは上記リンクからお飛びくださいm(_ _)m

 

www.netohapi.com

www.netohapi.com

www.netohapi.com

www.netohapi.com