ねとはぴ!

ネットと断捨離が好きな引きこもりです。「YouTuberについて」「オタク情報」「ネットの疑問」「アフィリエイトへの挑戦」「断捨離について」などを紹介しております!

「ひとりだけの部屋」のあらすじと感想【奇妙なショートアニメレビュー】

どうも!

今回は、ショートアニメ「ひとりだけの部屋」の、あらすじと感想をご紹介していきたいと思います。

 

  

 

ひとりだけの部屋

 

時間   9:59 

作者   野山映

アニメーション   花蟲 

奇妙度 ★★★★☆

恐怖度 ★★☆☆☆

グロ度 ★☆☆☆☆

 

あらすじ

 

見覚えのない小さな部屋の中で目を覚ました、鳥頭の少年。

部屋から脱出しようとしますが、どうやっても出ることができません。

部屋を探索するうちに、水や食べ物は確保できることがわかり、少年はその日からそこで生活を始めるようになります。

しかし、代わり映えのしない毎日の中、次第に少年は孤独を感じていきます。

そこで、ある時少年は、部屋にあるものを組み合わせて、人間の少女の人形を作ります。

出来上がった少女の人形に、少年がキスをすると、その瞬間少年はバラバラに崩れ落ち、代わりに人形の少女が目を覚まします。

そこから、少年と少女の終わりなき無限ループの世界が始まります

 

 

 

感想

 

とにかく、花蟲さんの描くアニメーションがとても素敵な作品です。

繊細で美しくて、それでいてちょっと不気味な絵のタッチに、冒頭から目を奪われます。

 

部屋の中にある、時計やテレビや風鈴などの小物類も、実際にありそうでなさそうな不思議な造形をしていて、とても魅力的です。

 

絵の素敵さもさることながら、ストーリーにも終始目が離せない面白さがあります!

冒頭の、窓から脱出しようとした少年が、右と左の窓で体が分断されてしまうあのシーンはなかなかのインパクトでした。

どうやら、空間がループしているようです。

 

そして、物語もループしています。

無限ループです。

無限ループ特有の、どうやっても抜け出せないという、不気味さや恐怖感ももちろんあるのですが、それとは別に、2人しかいない空間なのに、その2人はどうやっても出会うことができないという悲しい現実に、少し歯がゆさと寂しさも感じます。

 

永遠に部屋の中だけの無限ループの話かと思いきや、最後は唐突に宇宙船が出てきて、すべては宇宙船の中の出来事だったことがわかります。

このシーンがなかったら、2人の少年少女は、ただ永遠に無限ループを繰り返す部屋に閉じ込められているというとても恐ろしい話ですが、最後のシーンがあることによってなにか救いのようなものも感じられます。

宇宙船の中で、生命の誕生と消滅を繰り返しながら、どこか安住の星に向かっているのかな?という、少し希望のある捉え方もできます。

 

あと、見終わってから気付いたのですが、「ひとりだけの部屋」だから、登場人物が「人」と「鳥」なのですね!

([ひと]り・ひ[とり]だけの部屋。気付くのが遅い。笑)

 

  

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/