ねとはぴ!

ネットと断捨離が大好きな引きこもりです。YouTube・オタク情報・ネットの疑問・断捨離のことなどを紹介しています!

『ひとりだけの部屋』のあらすじと感想|奇妙なショートアニメ紹介

f:id:miniaoringo:20180304034035j:plain

 

ちょっと奇妙さを感じる世界観ってステキですよね。

ホラーのようにわかりやすく幽霊などの怖いものが出てくるわけではなく、

''よくわからないけれど少し怖い...''

''よくわからないけれど少し不気味...''

そんな日常の歯車が少し狂ってしまったかのような、熱にうなされているときに見る悪夢のような、奇妙という名の世界観。

 

不気味で怖くてシュールで不思議で、なおかつ少し考えさせられるような...

そんな奇妙さを感じるアニメが私は大好きです!

そういった支離滅裂な世界観を違和感なく具現化できるのは、アニメならではの気がします。

 

ということで、今回はそんな奇妙さに存分に浸れるショートアニメ『ひとりだけの部屋のあらすじと感想をご紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

ひとりだけの部屋

  

時間    9:59

作者   野山映

アニメーション    花蟲

 

奇妙度 ★★★★☆

 

 

あらすじ

 

とある小さな部屋で目を覚ました、鳥頭の少年。

部屋から脱出しようとしますが、どうしても出ることができません。

部屋を探索するうちに水や食べ物を確保できることがわかり、少年はそこで生活をするようになります。

しかし代わり映えのしない毎日の中、次第に孤独を感じた少年は部屋にあるものを組み合わせて人間の少女の人形を作ります。

その人形にキスをすると、その瞬間少年はバラバラに崩れ落ち、代わりに人形の少女が目を覚まします。

そこから、少年と少女の終わりなき無限ループの世界が始まります

 

 

感想

 

とにかく花蟲さんの描くアニメーションがステキな作品です。

繊細で美しくて、それでいて不気味な絵のタッチに終始目を奪われます。

時計もテレビも風鈴も、実際にありそうでなさそうな不思議な造形をしていて素敵です。

絵の素敵さもさることながら、ストーリーにも終始目が離せない面白さがあります。

冒頭の、窓から脱出しようとしたら反対側の窓から顔を出してしまい、自分の下半身が目の前にあるのを見る...あのシーンはなかなかのインパクトでした。

物語は無限ループになっています。

無限ループ特有の不気味さと恐怖感があるのですが、どう頑張っても少年少女の2人は出会うことができないという悲しい事実に少し歯がゆさと寂しさも感じます。

永遠に部屋の中だけの無限ループかと思いきや、最後は唐突に宇宙船が出てきてすべては宇宙船の中の出来事だったことがわかります。

このシーンがなかったら、少年少女の2人はただ永遠に無限ループする部屋に閉じ込められているという恐ろしい話ですが、最後のシーンがあることによってなにか救いのようなものも感じます。

宇宙船の中で、生命の誕生と消滅を繰り返しながらどこか安住の星に向かっているのかな?という、少し希望のある捉え方もできます。

...あと、見終わってから気付いたのですが、『ひとりだけの部屋』だから『人』と『鳥』なんですね!([ひと]り・ひ[とり]だけの部屋)

気付くのが遅い。汗