ねとはぴ!

オタク情報・YouTuber情報・5ちゃんまとめなど、いろいろと興味のあることを節操なくご紹介しています。※当サイトのコピー・引用・転載は禁止していますm(_ _)m

笑ゥせぇるすまんハッピーエンド⑯『主夫道』ネタバレ・レビュー

20200117033218
 

20211031021617

珍しい『笑ゥせぇるすまん』のハピエン回まとめ、パート16!

 

ということで、今回は、

笑ゥせぇるすまんのハッピーエンド回 第111話『主夫道』のネタバレ&レビュー

をご紹介していきたいと思います!

 

 

笑ゥせぇるすまんハピエン一覧

 

チ漢さん

五月病

愛妻写真

カンヅメのペット

極楽風呂

離婚クラブ

ガラス越しの愛

ワニオの怪奇料理(SP)

日曜クラブ

ホームレスのすすめ

点滴症患者

谷間の灯

永遠のすみか

ブルー・アイ・ジャパニーズ

夜行列車

⑯ 主夫道 ←今ココ

大恋愛(SP)

ダミイ

 

『主夫道』はこんなお話

 

ハピエン度  ★★★★★

後味のよさ度 ★★★★☆

怖さ度    ★★☆☆☆

グ口度    ★☆☆☆☆

 

『主夫道』のネタバレ有あらすじ

 

夫婦で共働きをしている、サラリーマンの梶 大介(31)

 

梶は、妻から、共働きを理由に家事を分担するように言われていますが、なかなかうまく家事をこなすことができません。

 

そんな梶に、喪黒福造は、家事を教えてくれる『主夫道』というカルチャースクールを紹介します。

 

主夫道に通うようになった梶は、そこからみるみるうちに家事が上達し、そのおかげで家は整い、ギクシャクしていた夫婦仲も良くなっていきました。

 

 「家事がこんなに楽しいとは思わなかった」

と、嬉々として喪黒に報告する梶でしたが、そんな梶に、喪黒は、

「ほぉほぉ、たいしたもんです。

…でも、それはちょっと行き過ぎですなぁ。

忠告しておきますが、あなたはあくまでも、夫として奥さんの負担を軽くしてあげるべきなのですよ。

あなたが主夫になりきることが果たして幸せかどうか、よーく考えてくださいねぇ」
と、梶に忠告します。

 

そんな喪黒に、

「主夫になりきるなんて…

私も男として、仕事をバリバリやらなくてはいけませんからね!」

と、梶は慌てて返します。

 

しかし、仕事も意欲的に頑張るといっていた梶でしたが、妻が課長に昇格して忙しくなったことをキッカケに、だんだんと夫婦の家事の分担は崩れ、いつの間にか、ほとんどの家事を夫の梶がやることになっていました。

 

しかし、家事の楽しさに目覚ていた梶は、そのことをまったく苦とも思わず、むしろ、

「もっと家事に専念できるように」

と、仕事をやめ、本格的に主夫になる決意をします。

 

梶が、身も心もすっかり主夫になったある日、産 婦人科に訪れた梶夫婦は、医者から、

「おめでとうございます。間違いなくにん 娠3ヶ月ですよ」

と、おめで たを伝えられます。

 

子供ができたことを喜ぶ梶夫婦は、その後も精力的に、仕事と家事に勤しみます。

妻は外でバリバリと働き、夫は静かに家のことをします。

 

そんなある日、家で編物をしていた夫の梶は、

「あ、動いたわ…」

と、嬉しそうに自身のお腹をさすっていました。

 

梶のさするお腹は大きく、まるで胎 児がいるように膨らんでいました。

 

『主夫道』のレビュー

 

このお話は、もしかしたら放送当初は、『離婚クラブ』『離婚クラブ』のネタバレ・レビューと同じく、

「これって、本当にハッピーエンドなの!?笑」

という感じで、バッドエンドを匂わせつつのハッピーエンドとして放送されたのかもしれませんが、今の時代だと、それほど違和感なく普通にハッピーエンドに見えますね。

 

「男性がにん 娠したっていいじゃない!」

「そんな夫婦の形があってもいいじゃない!」

と、素直に思ってしまいます。笑

 

放送当初は、結構ショックを受ける人が多く、割と批判があった作品らしいですが…

ちょっと時代を先取りしすぎたのかもしれませんね。

 

ただ、最後の、

「主夫(主婦)道は、子を産 み育てることと見つけたり~ですかね。オーホホホホホ」

という、喪黒さんの言葉には、ちょっと「うーん」と思ってしまいました。

 

せっかく、夫婦の多様せいについて寛容な話なのだから、子の有無の多様せいについても寛容であってほしかったですね。

 

「結婚=子供を作ること」

「結局それが一番の幸せ」

というように、ナチュラルに考えているような発言に、少しモヤッとしてしまいました。

 

喪黒さんは、話の冒頭で、

「共稼ぎでして」

という梶さんに対して、

「そりゃあ羨ましい、例のディンクスっていうやつですな」

と、ディンクスを肯定するようなことを言っていたので、余計にそう思ってしまいました。

 

※ディンクス:共働きで、子供を意識的に持たない選択をする夫婦のこと

 

あと、主夫になった梶さんが、若干オネェっぽくなっているのにも、少しモヤっとしてしまいました。

 

「主夫=オネェではないだろ」

みたいな。笑

 

このあたりも、まだ、

「家事は女の仕事、それをしているこいつは女みたいなやつ」

というような、若干の偏見や差 別意識を感じますね。

 

その他にも、

「ところが女房は、共稼ぎを理由に家事も分担しろと言うのですよ」

という発言や、

「私も男として、仕事をバリバリやらなくてはいけませんからね!」

などの発言も、やはり今見ると、少々時代錯誤に感じますね。

 

…まぁ、20年以上も前に作られたアニメですからね。

今と価値観はだいぶ変わりますよね。

 

それに、アニメとして、面白くわかりやすくするためには、ある程度誇張した表現も必要なのかもしれませんしね。

 

今の時代に、こういった話を作るとなったら、その辺の兼ね合いも難しそうですね。

 

まぁ、なんにせよ、梶夫婦が普通に幸せそうなので、このお話は、少々時代錯誤だったり、ショッキングだったりしつつも、後味はいいものになっています。

 

喪黒さんに、ドーンされた時の梶さんの反応が、過去一かわいかったですね。

両頬をおさえながら、

「あれえぇぇぇ⤴」

って。笑

 

あんなに嬉しそうにドーンされる客は、たぶん後にも先にもこの人だけでしょう。

 

あと、喪黒さんがドーンの人差し指を突き出す時に、前に置いてある洗剤の箱がバタバタと倒れていくシーンがあるのですが、そこの洗剤の箱の倒れ方が、ぬるぬる作画すぎてビックリしました。

 

…何であんなとこ頑張ったんだ作画班。笑

 

ハピエン⑰『大恋愛(SP)』ネタバレ・レビュー

 

www.netohapi.com

www.netohapi.com

www.netohapi.com

www.netohapi.com

 

【笑ゥせぇるすまん】

 

イラスト:すぴふぃ様

笑うセールスマン わらうせえるすまん もぐろふくぞう