ねとはぴ!

「BL」と「断捨離」と「YouTube」が好きな引きこもりです(´・ω・`)最近は、底辺ブログながら「Google AdSense」にも挑戦しています。当ブログ記事内のコピー・引用・転載はご遠慮ください(><)

「年を取るのが怖い」と思ったときに救われた2つの言葉|年齢を受け入れるって難しい

どうも!

今回は、「年(歳)を取るのが怖いと思ったときに救われた2つの言葉」について紹介していきたいと思います(^^)

 

 

いつだって年は取りたくない


f:id:miniaoringo:20191123055131j:image

 

20代後半辺りから急に年を取るのが怖くなりました。

 

...いや、思い返してみたら、19歳くらいの時からすでに怖がっていたような気もします。

 

そういえば、19歳最後の夜も、

「あぁー、明日からハタチになってしまう~」

「10代が終わってしまう~」

「これで、大人から甘やかされる期間は終りだ~」

「きっと次のバイト先では、今までとは違って指導がビシバシになってしまうんだぁ~」

なんて思っていたりなんかしました。笑

 

やっぱりいつだって年を取るのは怖いですね。

 

20代に入ってからは、年を取る度に、

「あ~、何をするということもなく着々と若さだけが終わっていく~」

なんて思ったり、

20代後半は、

「あ~、着々と魔の三十路が迫って来る~、本当に終わってしまう~(なにがや)」

なんて思ったりなんかしていました。

 

 

書いてみると、なんだかいつでも年を取ることに怯えていてバカみたいですが...

本人はいたって真剣です。

真剣にいつも怯えています。

年を取るということに。

 

それくらい怖いのですよね...

年を取るということは。

 

 

「年を取るのが怖い」はある意味幸せなこと


f:id:miniaoringo:20191123055411j:image

 

しかし、ある言葉をキッカケに、少し年を取ることが怖くなくなりました。

 

怖くなくなったというか...

まぁ、なんとか受け入れられるようになりました。

  

その言葉とは、

「年を取ることに怯えているということは、現状他に大した悩みがないということなのだから、ある意味幸せなことだ」

というものです。 

(どこで読んだんだっけかな?ネットだったかな??)

 

......確かに。

 

今現在、

ものすごく借金があるとか

重病を患っているとか

ストーカーに怯えているとか

災害で家がなくなってしまったとか

そんな大きな悩みがある人は、年を取ることに怯えてはいないでしょう。

 

それどころではないからです。

「年を取るの怖い~」

とか言っている場合ではないからです。

 

ということは、「年を取るのが怖い」と思っているのは、ある意幸せなことなのかもしれません。 

 

現状、それくらいしか大した悩みがないということなので。

 

 

そのことに気付いてからは、少し年を取るということを受け入れられるようになりました。

 

今の年齢に気付いて、

「はああああああああああー↓」

と落ち込みそうになったときも、

「いや!私には現状、年齢以外に大した悩みがないってことだ!!

それって幸せなことだ!!」

と、ポジティブ変換できるようになりました。笑

 

「年を取るのが怖い」と思ったときに救われた母の一言

 

それと...

いつしか20代後半のときに、母に、

「もうこれ以上年取りたくない~、年を取るの怖い~」

的なことを愚痴ったときに、

「誕生日は忘れちゃダメだけど、年齢は忘れていいの☆」

というありがたいお言葉?を頂戴したときも、少し心が軽くなりました。笑

 

なるほど!

年齢は忘れていいんですね!

 

さすがママン、長く生きてる人は違うわ。

 

...私はこの言葉を、母なりに考えたジョーク的な慰めとして受け取っていたのですが、

最近になって気付きました。

 

母が本当に自分の年齢を忘れているということに。

 

外出先で、とある書類に年齢を書くときに、母が、

「私いくつだっけー?〇〇歳だっけー??」

と私に聞いてきたのですが...

その〇〇歳は、実際の母の年齢よりも4つも上でした...。

 

ちょ!

「年齢は忘れていいの☆」

って、本当に忘れてんのかい!!? 

 

本当に忘れちゃダメだろ!笑

 

...強者だわ。

(ちなみに、認知症とかではありません。...マジで年齢だけ忘れてる。笑

...強者だわ)

 

最後までお読みいただきありがとうございました('、3_\)_