ねとはぴ!

「BL」と「断捨離」と「YouTube」が好きな引きこもりです(´・ω・`)最近は、底辺ブログながら「Google AdSense」にも挑戦しています。当ブログ記事内のコピー・引用・転載はご遠慮ください(><)

【未来のミライ】無理やり好きなところを上げる感想・レビュー|「上の子的にはあるあるが多くて…」

どうも!

今回は、『映画“未来のミライ”の好きなところの感想』をご紹介していきたいと思います。

 

 

全体の感想

 

先日、細田守監督映画『未来のミライ』が、地上波でやったので観ました!

全体の感想を先に言うと...

思っていたよりも楽しめました!

「でも、好きじゃないかなぁ...」

といったのが、正直な感想です。笑

...というのも、先に見ていたこの映画のレビューが、なんだか軒並み評判悪かったので、全然期待しないで観たのですが、

「その割には楽しめたかな...」

といった感じです。

一応、最後まで飽きずに観られましたし。

...しかし、やはり言いたいこと、ツッコミどころも満載でした。

 

ということで、ここからは、『未来のミライ』の好きなところ、嫌いなところの感想を、それぞれまとめていきたいと思います( ・ิω・ิ )ノ

 

...と、思ったのですが、書いてみたら意外と長くなってしまったので、汗

今回は、『好きなところの感想』のみをご紹介していきたいと思います!

(嫌いなところの感想は、後日upします)

 

 

好きな点

 

  • くんちゃんが等身大の子供らしい
  • くんちゃんに共感できた
  • 裏庭から異世界に行く感じが素敵
  • 未来の駅の損失物係の駅員が魅力的 

  

 

好きなところの感想

 

まずは、好きというか、良かったところから。

物語の主人公、4歳の男の子「くんちゃん」が、とても等身大に描かれていたところです。

アニメに出てくる小さな男の子は、時々、変に聞き分けがよかったり、達観していたり、いい子だったりと、あまりリアリティがなく描かれている場合もありますが、この物語のくんちゃんは、ありのままの4歳児らしく、適度にわがままで泣き虫で駄々っ子で、少々暴力的に描かれていたため、とてもリアリティがあり好感が持てました。

 

「くんちゃんがあまりにもわがままで好きになれない」

「ムカつく」

などの声もありますが...

突然、下の子ができた4歳児なんて、あんなものではないかと。笑

 

...というのも、私も、ちょうど4歳の頃に下に妹ができたため、 くんちゃんの気持ちがよくわかります。

 

一説によると、突然下の子ができた子供のストレスは、例えるならば、配偶者が、突然愛人を家に連れてきて、

「今日からこの人もここに住むから!仲良くしなさい!」

と言われているのと、同じくらいのストレスなのだとか。

 

...そりゃあ、あんな感じにもなりますよ。笑

上の子からしたら、今まで一身に受けていた愛情を、突然何の前ぶりもなく半分にされるわけですからね。(半分というか、最初の頃は親が下の子に付きっ切りのため、限りなく0になったようにも感じる)

しかも、それを不服に感じて訴えると、

「我慢しなさい!」

「なんでそんなにわがままなの!」

「なんで仲良くできないの!」

と叱られ、挙げ句の果てには、

「あなたはもう、お兄ちゃん(お姉ちゃん)なのよ!」

と、突然なった覚えもない役職を押し付けられて、我慢を強いられる。

...堪ったものではありません。笑

 

なので、いい年して、くんちゃんの境遇や感情に、「うんうん」と共感できた私は、あまりくんちゃんのわがままには腹が立ちませんでした。

長男・長女としては、割と「あるある」が多くて、そういった意味でも楽しめたのではないでしょうか。

 

...まぁ、リアルすぎて、私は軽く不快感も感じましたが。笑

自転車のシーンとか。

自転車に乗るのをお父さんが手伝ってくれていたのに、下の子が泣くとすぐそちらに行ってしまう。

しかも、

「あとは、あの子たちに教えてもらいなさい」

と、初対面の子供たちに押し付けられる。

...どんな辱めですか。笑

ああいう時の絶望感とか、見に覚えがありすぎて少し身につまされました。

 

 

あと、良かったところは、裏庭から異世界に行く演出です。

ああいう不思議体験は、子供の時だけ見れる世界的な感じがして、少しワクワクしました。

 

あとは、未来の駅の、損失物係の駅員も魅力的でした。

損失物係の駅員だけ、なんだか少し絵のタッチが変わるといいますか...不思議なキャラデザインで、とても好みでした。

 

最後、赤ちゃんのミライちゃんが電車に引き込まれるところを、くんちゃんが引き止めて叫ぶシーンには、少し感動してしまいました。

 

 

以上、『映画“未来のミライ”の好きなところの感想』でした。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/