ねとはぴ!

「役に立てるといいなぁ」「楽しんでもらえるといいなぁ」「ゆっくりしてってね~」 ※当サイトのコピー・引用・転載は禁止です(>人<)

【酷評】『未来のミライ』の感想・レビュー│長男長女あるあるが多くて観るのがツラかったw

先日、細田守監督作品、『未来のミライ』を観ました。

...なんか、思いのほか、長男長女あるあるが多い映画で(嫌な方のあるあるね)

長女である私には、なかなか観るのがキツい映画でした。笑

まぁ、一応最後まで飽きずに観られたのですがね。

  

ということで、今回は、 

『映画、未来のミライの感想・レビュー』

を、ご紹介していきたいと思います(´・ω・`)

 

あ、結構酷評気味になってしまったので...

「この映画が好き!」という方は気分を害される可能性がありますので、読まないことをおすすめしますm(_ _)m

 

 

好きなところの感想

 

  • くんちゃんが等身大の子供らしい
  • くんちゃんに共感できた
  • 裏庭から異世界に行く感じが素敵
  • 未来の駅の損失物係の駅員が魅力的 

 

まずは、好きなところから。

物語の主人公“くんちゃん”が、とても等身大に描かれていたところです。

アニメに出てくる小さな男の子は、時々、妙に聞き分けがよかったり、達観していたり、いい子だったり...と、あまりリアリティがなく描かれていることもありますが、この物語のくんちゃんは、非常に等身大の4歳児らしく、適度にわがままで、泣き虫で、駄々っ子で、少々暴力的に描かれていたため、なんだかとてもリアリティがあって良かったです。

 

『くんちゃんがあまりにもわがまますぎて好きになれない』

『ムカつく』

なんて声もありますが...

突然、下の子ができた4歳児なんて、あんなものではないかと。

 

...というのも、私も、ちょうど4歳の頃に下に妹ができたため、 くんちゃんの気持ちがすごくよくわかります。笑

 

一説によると、突然下の子ができた子供のストレスは、例えるならば、配偶者が、突然愛じんを家に連れてきて、

「今日からこいつもここに住むから。仲良くしなさい」

と言われているのと、同じくらいのストレスなのだとか。

 

...そりゃあ、あんな感じにもなりますよ。笑

 

上の子からしたら、今まで一身に受けていた親の愛情を、突然何の前ぶりもなく半分にされるわけですからね。

(半分というか、最初の頃は親が下の子に付きっ切りになるため、限りなく0に近くなったようにも感じる)

 

しかも、それを不服に感じて訴えると、

「なんでそんなにわがままなの!」

「我慢しなさい!」

「なんでお母さんを困らせるの!?」

「なんで仲良くできないの!?」

と叱られ、挙げ句の果てには、

「あなたはもう、お兄ちゃん(お姉ちゃん)なのよ!」

と、突然なった覚えもない役職を押し付けられて、我慢を強いられる。

...堪ったものではありませんよ。笑

 

なので、いい年して、くんちゃんの境遇や感情に、

「うんうん( ̄  ̄ )」

と共感できた私は、あまりくんちゃんのわがままには腹が立ちませんでした。

 

長男・長女としては、割と「あるある」が多くて、そういった意味でも楽しめたのではないでしょうか。 

...まぁ、リアルすぎて、私は軽く不快感も感じましたが。笑

 

自転車のシーンとかね。

自転車に乗るのをお父さんが手伝ってくれていたのに、下の子が泣くとすぐそちらに行ってしまう。

 

しかも、

「あとは、あの子たちに教えてもらいなさい」

と、初対面の子供たちに、自分の自転車の特訓を押し付けられる。

...どんな辱めですか。笑

ああいう時の軽い絶望感とか、見に覚えがありすぎてなんだかいたたまれなかったですね。 

 

あと、良かったところは、裏庭から異世界に行く演出です。

ああいう不思議体験は、子供の時だけ見れる世界という感じがして、少しワクワクしました。

 

あとは、未来の駅の、損失物係の駅員も魅力的でした。

損失物係の駅員だけ、なんだか少し絵のタッチが変わっていて、不思議なキャラデザインでとても好みでした。

 

嫌いなところの感想

 

  • くんちゃんの声が4歳児に聞こえない
  • 父親、母親が微妙に不快
  • 家がどう考えても住みにくそう
  • タイトルにもなっている未来のミライちゃんがほぼモブ
  • 物語に推進力がない
  • 自転車はそんなにすぐに乗れない
  • 全体的に共感できない

   

次は、嫌いなところの感想いきます。

 

観た人のほとんどが言っているような気がしますが...

やっぱり、くんちゃんの声がどうしたって4歳児には聞こえません!

 

出来上がった女性の声です。汗

本業の声優さん、あるいは、本当に4,5歳の男の子が声をやっていたら、もう少しくんちゃんが魅力的に見えていたのではないかと。

 

それと、父親と母親の性格が、個人的にあまり好きではありませんでした。

 

母親は、なんだか旦那にも子供にも微妙に冷たく...

まぁ、実際、子育てと仕事に忙しい母親はあんなものなのかもしれませんが...。

 

くんちゃんが、

「ママ、抱っこ!抱っこ!」

と言っているのだから、抱っこしないまでも、ハグか頭撫でるか、もしくは何か声をかけるかくらいしてもいいのではないかと...

4歳児ですよ!

あれじゃあ、本当にくんちゃんグレますよ。笑

 

それと、くんちゃんが寝ている時に、

「くんちゃんは私の宝物...」

と、母親が囁くシーンがあるのですが、

それ、起きてる時に言うたれよ!

 

ただでさえ、くんちゃん母親の愛情に疑心暗鬼になっているのだから。

 

伝わってないから!(^ω^)

本人に!(^ω^)

 

いいシーンのはずなのに、

「なんだかなぁ...」

と思ってしまいました。

 

それと、父親も、仕事が忙しいのかだいぶ子供を蔑ろにしていて、「ちょっと...」と思ってしまいます。

まぁ、軽く子供を無視しているのはまだいいとして、家の中にめっちゃ他人(未来のミライちゃん&擬人化した犬)が入り込んできているのに、気づかないって...

大丈夫なのかと。笑

あれ、 泥棒とかだったら一大事ですよ。

 

面白ギャグシーンのはずなのに、ここにも何かモヤッとしてしまい、素直に楽しめませんでした。

 

それと、くんちゃん一家が住んでいる家が、どう考えても住みにくそうです。

建築家の父親がデザインした家らしいのですが、間取りはおかしいですし、階段だらけです。

とても、妊婦や赤ちゃんや小さな子供が住むような家ではありません。

また、年老いた祖父母も出入りしているのに、バリアフリーなども一切考えられていません。

これにも、「なんだかなぁ...」です。 

 

あと、タイトルにもなっている“未来のミライちゃん”が、ほぼモブキャラです。

全然活躍しません。

映画の最初の方と最後の方に出てきた時以外は、ほぼフェードアウトしています。

 

一番最初に出てきた理由も、

「お雛様を片付けないと、私将来お嫁にいくのが遅れちゃう!」

って...。

 

タイムスリップ系物語のキャラ史上、過去最高にどうでもいい理由ではないでしょうか?笑

 

てっきり、

「今過去を変えないと、未来で大変なことになっちゃうの!」

とかそういう、何かのっぴきならない理由で過去に来て、くんちゃんと一緒に、家族、あるいは世界を救う的な話かと思っていたら...

ものっそい、個人的などうでもいい理由で脱力してしまいました。笑

でも、この変に壮大にしない小規模感は嫌いではありませんでした。

  

と、なんだかんだ思いながらも、飽きずに観ていたのですが...

 

この物語って、

とくに何か謎があって、それを解くために話が進むわけでも、何か目的があって、それを遂行するために話が進むわけでもないのですよね。

 

なので、

「どうしても先が知りたい!」

と思わせる物語の推進力がないため...

私は、ひいじいじの若い頃にタイムスリップする辺りで、少し飽きてきてしまいました。汗

 

...そういえば、ひいじいじの若い頃の声をあてているのは、福山雅治さんらしいですね。

あとから知りました。

全然違和感がなかったですね。

声優、お上手なんですね。

もう、くんちゃんの声も福山さんがやればいいよ。

 

あと、細かいところを上げるなら...

補助輪なしの自転車はそんなすぐに乗れません!

気合いと根性では恐らく無理です。

「最初は足が届くか届かないかくらいのサドルの高さにして、足を蹴るようにしてバランスをとって練習するんだよ!」

と、思わずツッコミを入れたくなってしまいました。笑

 

結局のところこの映画の一番腹立つ原因は...

 

ここまで、つらつらとあまり好きではない部分を書き連ねてしまいましたが...

 

この物語、何が一番引っかかるかっていうと、

 

両親共に、健康で、何の問題もなく揃っていて

しかも、両親共に、育児も仕事も充実していて

しかも、お洒落でデカいデザイナーズ住宅に住んでいて

しかも、おもちゃもいっぱいで、経済的にも潤っているようで

しかも、祖父母も健在で

しかも、祖父母が健康で協力的で

しかも、犬もいて...

 

なんか幸せで...

なんか、何の問題もない幸せな家庭すぎて...

 

「共感できねーーーーーーーーーー!!!!!」

というところです。

 

...こんなに何の不遇もなく、何もかも揃っている家庭、なかなかないのではないでしょうか?(うちが、微妙に悲惨だったからそう見えるだけか?)

 

なので、

「大変なんですよっ!子育てはっ!」

的な感じを出されても、

「ファ~~~!?ムキーーーッ!!」

なんて思ってしまい、素直に楽しめないのです(ただの嫉妬)

 

なので、全体的な感想を言うと、

「やっぱり、この映画好きくない!」

です。笑