ねとはぴ!

腐女子よりなオタクコンテンツ・YouTuber情報を主に紹介しています(´ω`)ノ※当サイトのコピー・引用・転載は禁止していますm(_ _)m

「僕と帰ってこない妻」のネタバレ!簡単まとめ【101話~150話】

20220801033152
※画像はイメージです

 

今回は、

「『僕と帰ってこない妻』のネタバレ!101話~150話

をご紹介していきたいと思います。

 

20211031021617

あらすじを、だいたい10話ごとに、できるだけ簡潔にまとめてあります!

 

「1話~50話」のネタバレ

「51話~100話」のネタバレ

 

 

登場人物紹介

 

倉田 和樹(26):夫、無神経

倉田 雪穂  :妻、夫が頼りにならなくてイライラ

倉田 結   :娘、赤子

 

温田    :和樹の先輩、いい人

花田    :和樹の同期、いい人

冷田    :和樹の上司、モラハラ気味

塩田    :和樹の同期、男尊女卑気味

美田    :和樹が出会ったママ友、いい人

 

101話~110話 何もわかってない和樹

 

和樹に、「すぐ逃げる」と指摘した雪穂は、

「もういい、もうカズ君には何も頼まない。

全部私がやるよ、家のことも、結のことも」

と、静かに言います。

 

そんな雪穂に、

「ど、どうしたの?『急に』怒っちゃって。

『いつもの雪穂』らしくないよ」

と焦る和樹。

 

「いつもの…?」

と呟いた雪穂は、急に笑顔で、

「そうだね、でもカズ君は仕事で忙しいんだし、手が開いたら『手伝って』くれたらいいから」

と言います。

 

そんな雪穂の豹変ぶりに、和樹は、

「え…うん」

と答えますが、内心、

「女は急に爆発するっていうけど、不意打ちが過ぎるよな…」

と思います。

 

後日、昨日の雪穂の様子が気になった和樹は、会社帰りに、花束を買って雪穂に渡します。

 

「我ながら、いいサプライズだったのでは…」

と内心ご満悦の和樹でしたが、まったく笑顔を見せていない雪穂の様子には気が付いていません。

 

 

そんなある日、和樹は、飲んで帰って来て、ご機嫌な状態のまま、結に触ろうとします。

 

そんな和樹に、

「やめて!!」

と大声を出す雪穂。

 

「手を洗わないまま触るなんて、ありえない!

キ スは、虫歯菌がうつる!」

と、雪穂は激怒します。

 

そんな雪穂に、

「やってしまった…」

と、落ち込む和樹。

 

なんとか雪穂の機嫌を直さないと思った和樹は、

「明日は金曜日だし、今日の夜は寝てていいよ。

結の夜泣きは、俺がなんとかするから」

と、今晩だけでも雪穂を休ませようとします。

 

110話~120話 ダメ夫なのに、周りはわかってくれない

 

結の夜泣きを見ると言った和樹でしたが、結局は爆睡してしまい、雪穂を休ませることはできませんでした。

 

「まずい、ちゃんと挽回しないと…」

と焦る和樹は、会社帰りに、ブランドの赤ちゃん服を買って帰ります。

 

高級な、しかも趣味の悪い赤ちゃん服を見た雪穂は、愕然としますが、それでも、

「ありがとう…」

と、一応和樹にお礼を言います。

 

雪穂の言葉に喜んだ和樹は、その日から俄然やる気を出し、積極的に家事や育児に関わろうとします。

 

しかし、和樹がやる家事や育児は、何もかもが中途半端。

結局、雪穂の仕事を増やすだけになってしまっています。

 

 

そんなある日、和樹と雪穂の元に、雪穂の母が訪ねてきます。

 

雪穂の母は、積極的に育児をする和樹を見て、

「和樹さん、とっても育児に協力的じゃない。

あなた、ちゃんと和樹さんに感謝するのよ?」

と、雪穂に言います。

 

その言葉に、喜ぶ和樹。

 

雪穂だけが、誰にもわかってもらえないストレスで、モヤモヤとします。

 

121話~130話 俺、雪穂を蔑ろにしてないよね?

 

雪穂は、周囲の理解のなさの他にも、和樹との感覚のズレにも戸惑っていました。

 

例えば、街の人に、自分の子供の頬をつつかれても気にしない和樹。

それどころか、気にする雪穂のことを「神経質」だと言います。

 

それだけならまだしも、和樹は、雪穂に、

「産後のダイエットしないの?」

と聞いてきたりと、相変わらず無神経な発言が止まりません。 

 

そんな和樹に、ストレスが溜まる雪穂。

 

また、ある時、和樹は、寝ている結の頬をつつき、悪気なく起こして泣かせてしまいうということもします。

 

そんな和樹に、

「こっちは、産まれたときから結の生活リズムを頑張ってつくってるの!

余計なことしないで!」

と、つい声を荒げる雪穂。

 

和樹は、慌てて結を寝かしつけようとしますが、うまくできず、結局、雪穂の手を煩わせてしまいます。

 

何をやっても失敗ばかりで、落ち込む和樹。

 

しかし、そんな和樹に会社の人は、

「奥さんのこと考えてて偉い」

「向き合おうとしてるだけ偉い」

と、褒めます。

 

その言葉で、

「あれ…俺、頑張ってる方なんじゃん!」

と、またもすぐに調子に乗ってしまう和樹。

 

 

そんなある日、和樹は、プロジェクトの成功を認められ、温田と共に昇格します。

 

喜ぶ和樹に、

「奥さんにも、ちゃんと感謝すること。

俺たちがこうやって頑張れるのは、奥さんが協力してくれてるからだろ」

と、諭してくれる温田。

 

そして、

「あんまり蔑ろにしてると、奥さんに愛想つかされるぞ」

と、和樹に釘をさします。

 

しかし、そんな温田の言葉に、

「嫌なこと言わないでくださいよ~」

と、危機感なく返す和樹。

 

和樹は、帰ってから雪穂に、昇格のことを嬉々として報告します。

しかし、

「そうなんだ。おめでとう」

と、張り付けたような笑顔で、さらりと返す雪穂。

 

そんな雪穂の態度に、和樹は「あれ?」っと思い、

「俺…雪穂のこと、蔑ろにしてないよね?」

と、内心焦ります。

 

131話~140話 「カズ君」から「パパ」に

 

ある日、和樹は、雪穂が仕事復帰をしたがっていることを知ります。

 

そんな雪穂に、

「急いで働かなくても…」

「雪穂は母親なんだから…」

「結もお母さんと一緒にいたほうがいい」

と、妙に焦る和樹。

 

和樹は、自分でも、

「あれ…なんで俺、こんなに雪穂に働いてほしくないんだろ」

と、自分の焦りに戸惑います。

 

雪穂は、和樹の言葉に、

「母親だから…結のため…

いいね、和君は、『父親』だから…」

「飲みに行きたいときに、飲みに行って。

休日にゴルフにも行けてさ」

と言いながら、和樹を睨みつけます。

 

和樹は、

「遊んでる訳じゃない!仕事だよ!

これが出世への一番の近道なんだよ」

「リーダーにだって抜擢されたし。

そのおかげで、こうやって過ごせてるわけで…

雪穂も、その『恩恵』は受けてるじゃん!」

と、焦りながら言います。

 

そんな和樹の言葉に、プッっとキレかかる雪穂。

 

しかし、すぐにその怒りを収め、

「…そうだね。

働くことも『パパ』の言う通り、結も小さいしもう少し考えてみる」

と、雪穂は急に笑顔で返します。

 

「うん…」

と答えつつ、和樹は、初めて雪穂に、

「カズ君」

ではなく、

「パパ」

と呼ばれたことに、若干の違和感を覚えていました。

 

そんなやり取りがあった翌日。

雪穂が用意してくれる和樹のご飯は、いつもと違って、ヨーグルトだけ、カップラーメンだけなど、だいぶ質素なものに変わっていました。

 

そんな雪穂の行動に若干イラつきながらも、和樹は、

「ここ最近、雪穂がピリピリしてるのは、育児で余裕がなくなってたからなのかも…

リフレッシュする時間が欲しいのかも…」

と思い、思い切って雪穂に、

「明日は、『ママお休みデー』にしよう!」

と、提案してみます。

 

そんな和樹の提案に面食らいながらも、雪穂は、少し嬉しそうな顔で、和樹の提案を了承します。

 

141話~150話 ママ友を作る和樹

 

雪穂に代わって、結の面倒をひとりでみることになった和樹でしたが、普段育児にほとんど関わっていないため、何もかもうまくできません。

 

そんな中、なんとか結にご飯を食べさせ、一緒に公園に行く和樹。

 

和樹は、そこで、美田というママ友と出会います。

 

美田は、

「結と同じくらいの子供がいる。

和樹たちと、同じマンションに住んでいる」

と言います。

 

親近感を感じた和樹は、美田と連絡先を交換します。

 

「感じのいいママ友ができた!」

と喜ぶ和樹は、早速家に帰ってから、雪穂にそのことを報告します。

 

「俺がママ友作っといたよ!

笑顔で、感じの良い人でさぁ~。

子供2人もいるのに、本当すごいよ」

と、嬉々として話す和樹。

 

しかし、そんな和樹に、

「ごめんね、私は笑顔がなくて」

と、ニッコリ返す雪穂。

 

101話~150話 めっちゃ簡単あらすじまとめ

 

和樹の無神経さと使えなさに、イライラマックスな雪穂

しかし、周囲は和樹のことを「いい父親」と言う

雪穂、ますますイライラ

和樹、雪穂が仕事復帰したがっていることに気付き、妙に焦る

和樹、頑張って家事・育児をするも使えない

和樹、美田というママ友を作る←今ココ

 

「151話~200話」のネタバレ

 

www.netohapi.com