ねとはぴ!

(/・∀・)/ 5ちゃんまとめ・オタク情報・YouTuber情報・ネットのお悩み解決などを紹介しています \(・∀・\) ※当サイトのコピー・引用・転載は禁止していますm(_ _)m

【親が障害者のアダルトチルドレン向け克服ワーク】④甘えることに罪悪感を抱かない│実家を出れない…親から離れられない…そんな人に

 

親が障害者のアダルトチルドレン向け克服ワーク<全8項目>

 

ワーク1.『察しの悪い子供を演じる』

ワーク2.『親の望みを叶えない』

ワーク3.『スルースキルを磨く』

ワーク4.『甘えることに罪悪感を抱かない』

ワーク5.『完璧主義をやめてみる』

ワーク6.『小さなことでも自己主張をする』

ワーク7.『心の中で親と一線を引く』

ワーク8.『インナーチャイルドを癒す』

 

4.『甘えることに罪悪感を抱かない』

 

\ わーい♪ラクチン /
20210627002727
 
アダルトチルドレンの人は、人に甘えたり頼ったりすることが苦手な人が多いのではないでしようか。
 

とくに親が障害者の場合は、ついなんでもかんでも、

『自分がやった方が早い』

『自分は健常者だから自分がやるべきだ』

『親は障害者で可哀相なんだからせめてラクをさせるべきだ』

『あとでグチグチ言われたり面倒なことになるくらいなら無理してでも自分がやる』

と思ってしまいがちですしね。

 

…ですが、それだと自分の負担が大きすぎてそのうち自分が潰れてしまいます。

 

なので、最近私は、なるべく親ができることは親にやってもらうようにしています。

障害をもっていても工夫を凝らせばできることもあるので、どう工夫すれば親ができるかを考えます。

...まぁ工夫を凝らしてもやはりできないことの方が多いのですが、それでも、

『すべて自分がやらなきゃ...!』

と常に思っているよりは、

『できることはやってもらうからっ!』

と思っている方が遥かに精神衛生上いい気がします。

…親もできることが多くなる方が自信を取り戻せそうですしね。

 

ストレスはだいたい、

『他に選択肢がない!』

『無理してでも自分がやるしかない!』

と追い詰められた時に感じるらしいので、

『最悪他の人(親や家族や支援サービス)にやってもらうという選択肢はあるけれど、あえて自分がやっている』

『自分でやってもいいと思っているからやっている』

と余裕をもった考え方ができると、だいぶ精神的にラクになれます。

 

あとは、もう最近は開き直って他の家族にもいろいろと手伝ってもらうようにしています。

前までは、

『働いてない自分が全部やらなきゃ』

『外で働いてないんだからせめて家のことは全部やらなきゃ』

『他の家族に迷惑はかけられない』

『無能だと思われたくない』

という思いが強く、家のことや家族の介護のことはほぼすべて自分でやっていたのですが、ある日キャパオーバーになってしまったのか家族の前でぼろ泣きしてしまったので、…そんな醜態を晒すくらいなら始めから勇気を出して頼んだ方がマシです。汗

あと、やってくれた家族に対して過剰に、

「やってくれたのー!?ありがとー!」

と言うのもやめました。

自分が使った食器を自分で洗うとか、自分が汚したところを自分で掃除するとか、自分が出したゴミを自分でまとめるとか…本来普通のことのような気がするので。汗

 

とにかく『私がなんとかしなきゃ…』という悲劇のヒロインぶるのをやめて、『自分にはこれくらいしかできないんだから…』と自分を過小評価するのをやめるのが、アダルトチルドレンから脱する近道だと思います。

そのためには、まずは思い切って周囲に甘えてみます。

 

甘えなれていないアダルトチルドレンにとって、人に甘える・人に頼ると言った行為は結構ドキドキするというか…、やはりなんとなく罪悪感を感じて難しかったりもするのですが…

たぶん慣れだと思いますので、早く慣れるようにどんどん甘えましょう。笑

 

…ただ、それでもやはり状況的に他人に甘えられない時、自分でやるしかないという時もあると思います。

そういう時は、何か自分にとってのメリットを探すと受け入れやすくなります。

 

例えば、

『親を病院に連れて行かないといけないけどタヒぬほど行きたくない…(-_-|||)』

なんて時は、

『最近運動不足だから、自分の運動にもなってちょうどいい』

とかね。

…無理やり探します。笑

帰りに美味しいもん買って帰るからそのため!とかね。

 

そうすると、

『親の為じゃない、自分の為にやるんだ!』

と行動の理由を他人から自分に変換できるため、若干ストレスが和らぎます。

 

でも、…それでもやっぱり面倒くさいもんは面倒くさいと思うので、やり遂げたらたくさん自分を誉めてご褒美でもあげましょう。笑

親が障害者の場合、「面倒くさくないよ^^」みたいな顔して多少無理してニコニコと親に付き合う人も多いかと思いますが(私もこのタイプです…)、こんなことを続けているとだんだんと自分の心がどっか行っちゃいますので…

周囲に甘えられない時は、未来の自分に甘やかしてもらいましょう。

 

まとめ

 

ワーク4.『甘えることに罪悪感を抱かない』

      ↓

・親や他の家族に頼って甘える

・自分がやらないといけない時は自分にとってのメリットを探す

      ↓

物理的、精神的に自分の負担が減る

 

 

ワーク5.『完璧主義をやめてみる』

 

www.netohapi.com

www.netohapi.com

 

イラスト:*たま*様