ねとはぴ!

(/・∀・)/ 5ちゃんまとめ・オタク情報・YouTuber情報・ネットのお悩み解決などを紹介しています \(・∀・\) ※当サイトのコピー・引用・転載は禁止していますm(_ _)m

【親が障害者のアダルトチルドレン向け克服ワーク】②親の望みを叶えない│実家を出れない…親から離れられない…そんな人に

 

親が障害者のアダルトチルドレン向け克服ワーク<全8項目>

 

ワーク1.『察しの悪い子供を演じる』

ワーク2.『親の望みを叶えない』

ワーク3.『スルースキルを磨く』

ワーク4.『甘えることに罪悪感を抱かない』

ワーク5.『完璧主義をやめてみる』

ワーク6.『小さなことでも自己主張をする』

ワーク7.『心の中で親と一線を引く』

ワーク8.『インナーチャイルドを癒す』

 

ワーク2.『親の望みを叶えない』

 

\ 魔法使いじゃありません /
20210612154942
 

アダルトチルドレンから脱するには、親との主従関係を解く必要があると思います。

(「主従ってほどでは...」と思っている人でも、親の顔色を伺うクセがある人は充分主従関係だと思います)

 

そのためには、

『親の望みを叶えない』

『親の言う通りにしない』

というのが大きなカギになってくると思います。

 

しかし、親が障害者の場合は、

「もう親の言うことは聞かないから!

何もしないから!

全部ひとりでやってっ!」

と言うわけにはいきません。

 

そこで私は、

『プチ親の望みを叶えない』

『プチ親の言う通りにしない』

ということを実践しています!

 

例えば、「あれやってこれやって」と言われた場合、今までだったらすぐさま取り掛かっていたことでも、

「あとでね」

「手が空いたらね」

などと言って少し待たせる。

 

愚痴ってきた場合は、

「今忙しいから」

「あとで聞くから」

などと言ってやはり少し待たせる。

行きたくない場所に誘われたら、

「最近体調がよくないから」

などと言って思い切って断ってみる...など。

 

とにかく、親が叶えたいと思っていることを先延ばしにしたり断ったりして、少し抵抗を試みます。

…もちろん急を要する用件の場合はしませんが、どうでもいいような用件の場合はこんな感じで親にプチ刃向かい、だんだんと自分の中にある、

『親の望み!すぐさま絶対!(`□´)ゞ』

という主従関係を解いていきます。

 

…いままで従順だった分、プチでも刃向かうのは少しドキドキしてしまいますが、こういうプチ刃向かいを続けていくことで、だんだんと自分の優先順位を親から自分に戻すことができます。

 

あと、親の方も、

『望んだ時に望んだ対応を得られない…』

と学習していってくれるので、いままで無意識になんでもかんでも子供に頼っていたことを少し控えてくれるようになります。

…人間、『断られるかも』『いますぐやってもらえないかも』と思うと少し頼むのが面倒になりますからね。 

結果、だんだんと親と対等になっていけるかなといった感じです。

 

なんでも望んだ通りにやってもらえるわけじゃない。

優しさは当たり前じゃないと気付いてもらいましょう。

 

まとめ

 

ワーク2.『親の望みを叶えない』

      ↓

親の望みを先延ばしにしたり、断ったりする

      ↓

・自分の中の親との主従関係が解かれる

・優先順位を親から自分に戻せる

 

 

ワーク3.『スルースキルを磨く』

  

www.netohapi.com

www.netohapi.com

 

イラスト:*たま*様