ねとはぴ!

ネットと断捨離が大好きな引きこもりです。YouTube・オタク情報・ネットの疑問・断捨離のことなどを紹介しています!

【はてなブログ初心者】Proにする前にやった方がいい『混在コンテンツ直し』とは|HTTPをHTTPSに?

f:id:miniaoringo:20180804145902j:plain

 

最近憧れのグーグルアドセンスに申請してみようかと思い、その準備に取りかかっています!

 

前の記事では、はてなブログをProにするためにはてなポイントを購入しました↓

www.netohapi.com

 

無事はてなポイントも購入できたので、

「次はいよいよはてなブログをProに!」

...といきたいところなのですが、

その前にやらなければならないことがあります!

 

『混在コンテンツ直し』です!!

 

混在コンテンツ直し...Proにする前にやらなければならないとのことなのですが、正直これ、最初私には説明を読んでもチンプンカンプンでした。汗

ネット音痴には難しすぎて...

でもわからないなりになんとか取り組み、最終的にはなんとか理解することができました...。

 

ということで、今回ははてなブログをProにする前に行う『混在コンテンツ直し』についてご紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

『混雑コンテンツ直し』とはなんぞや

 

混在コンテンツ直しの説明をカンタンにしますと...

はてなブログをProにすると、今までのHTTP配信からHTTPS配信に自動的に切り替わってしまうので、それに合わせて記事の中のコードがHTTPのままの写真や画像をHTTPSに直していくという作業です。

  

記事内にHTTPの写真や画像があるままHTTPS配信に変えてしまうと、HTTPとHTTPSとの混在コンテンツになってしまい、そのページがエラーで表示されなくなるらしいのです。 

(...今はまだ「なに言ってんだ?」状態でも大丈夫です。私もこの説明を読んだあたりではまだ「???」状態でしたから。汗...たぶん実際にやっていけばわかると思います)

 

 HTTP配信:自分のドメインの左端になんか丸い灰色のiみたいなマークが出ている状態。

HTTPS配信:自分のドメインの左端に鍵マークが出てなんか保護された?状態になるらしい。

 ※2018.2/22以降にはてなブログを作った方は最初からHTTPS配信なので関係ありません。混在コンテンツ直しの作業はしなくて大丈夫です。

 

 

 

【HTTP】と【HTTPS】の見分け方

 

難しいことをたくさん書きましたが、要は今までブログに貼った写真や画像の中にコードがHTTPのものがあるとまずいということです。

では、どうやって記事の中の写真や画像のコードがHTTPかHTTPSかを見分けるのか?

 

見分け方はカンタンです。

記事をHTML編集にして見ると一発でわかります!

 

 

①今まで投稿した記事を開き、HTML編集を押します。 

 


 

②HTML編集画面の中で、写真や画像が貼ってあるところを見つけます。

 


 

③写真や画像のコードを確認します。

 


 
④【http】か【https】かのどちらかになっているはずです。

 

f:id:miniaoringo:20180805004416j:plain

f:id:miniaoringo:20180805004153j:plain

  

ここで写真や画像のコードがHTTPかHTTPSかを見分けることができるので、確認してみてください!

 

 

 

混雑コンテンツ直しのやり方

 

f:id:miniaoringo:20180804235844j:plain

 

画像や写真のコードがhttpsになっている場合は直さずにそのままでOKです。

しかし、コードがhttpになっている場合もあると思います。

その場合はコードをhttpsに直さなければなりません。

では、どうやってhttpsに直すのか...

直し方はとてもカンタンです!

記事編集の【写真を投稿】からもう一度同じ写真を見つけて貼り直すと、コードがすぐにhttpsに変わります!!

 

●例えば、この記事に貼ってあるこの画像↓

f:id:miniaoringo:20180805152616j:plain

  


 

●HTML編集にして見てみると、コードがhttpになっています。

f:id:miniaoringo:20180805152527j:plain

 


 

●【写真を投稿】から同じ画像を見つけて貼り直します。

 

f:id:miniaoringo:20180805152544j:plain

 


 

●HTML編集でもう一度見てみると、コードがhttpsに変わっています!

f:id:miniaoringo:20180805152707j:plain

 

一度はてなブログに取り込まれた写真や画像はどうやらHTTPS化するみたいです。

 

この作業を、全記事地道に繰り返していきます...。(結構大変)

 

...実は一括でできる方法もあるらしいのですが、それをやるとページの読み込みが遅くなる?とも聞いたので、私はビビって試しませんでした。

私の場合はそんなに記事数も多くなかったので。

「記事数が多すぎてとても全記事手作業で直すのは大変!!」

という方は、 一括でできる方法を調べて試してみてください...。

 

ちなみに、私は他サイトのリンクなんかも貼っていなかったのですが、

リンクを貼っている方はそのリンクがhttpのままでも混在コンテンツになってしまうらしいので、直した方がいいみたいです。

(ごめんなさい、リンクをhttpsに直すやり方もわからないので各自で調べてみてください)

 

 

 

過去記事のhttpはどうすればいいの?

  

記事の中に自分のブログの過去記事を貼っている方も多いと思うのですが、これはもちろんHTML編集で見たときhttpのままだと思います。

まだブログ自体がHTTP配信ですからね。

 

これは直しようがないのでこのままで大丈夫です。

私は、ブログをProにしてHTTPS配信に変えてから過去記事をひとつひとつ貼り直しました。

...まぁ、貼り直さなくてもちゃんと問題なく飛べたんですけどね。

でも過去記事の下に出ているURLが前のままだったので、紛らわしいかなと思い新しいものとすべて貼り替えました。

 

 

 

まとめ

 

実際にやってみると、

「あぁなるほど、そういうことか...」

となんとなく理解できた混在コンテンツ直しでしたが、初めて説明を読んだときはHTTPとかHTTPSとか言われてもなんのことだかわからずチンプンカンプンでした...。

 

しかも、ブログの詳細設定のところには、

『一度HTTPS配信を有効にすると、元に戻せません。』

なんて恐ろしいことが書いてあるので、

「戻せないの!?怖すぎ!!」

とビビりまくってしまいました。汗

 

しかしそんな怯えまくっていたHTTPS配信化ですが、実際にやってみるととくに問題もなく変えることができたのでホッとしています。

それに、混在コンテンツ直しをしないとページがエラーになると書きましたが、実際うっかり何個か混在コンテンツ直しをやり損なっていたとしても大丈夫です。

私も、ブログをHTTPS配信に変えてからHTTPS化し損ねていた記事をひとつ発見しました。汗

(その場合、ページのURLの左端のマークが新しい鍵のものではなく前の丸い灰色のiみたいなマークのままなのですぐにわかります)

HTTPS配信になったあとでも、上記に示した同じ手順で写真や画像をhttpsのものと貼り替えればすぐにそのページも混在コンテンツではなくなり、URLの左端に鍵マークが出ます!

ですので、そんなにビビらずにHTTPS配信化して大丈夫だと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/