ねとはぴ!

ネットと断捨離が大好きな引きこもりです。YouTube・オタク情報・ネットの疑問・断捨離のことなどを紹介しています!

取得する独自ドメインが過去に使われていないかを調べる方法!|WayBackMachine(ウェイバックマシン)の見方

f:id:miniaoringo:20180808161817j:plain

 

最近憧れのグーグルアドセンスに申請してみようかと思い、その準備に取りかかっています!

 

グーグルアドセンスに申請するには、独自ドメインが必須らしいです。

...独自ドメイン。

なんだか難しそうですが、かっこいい響きです。

借り物ではなく自分だけのブログの住所だなんてステキです!

 

...しかし、独自ドメインってよく調べずに決めると危ないらしいですね。

というのも、自分で決めたドメインとまったく同じドメインを過去に誰かが使っていた可能性もあるからです。

そしてその誰かがなにかしらの違反をしブラックリストに載っているような人だったら...大変です!

同じドメインを使っている自分にもなにかペナルティが課せられたり、変なことに巻き込まれる危険があるかもしれません...。

ですので、独自ドメインは取得する前に必ず過去に使われていたものか調べた方がいいらしいです。

 

ということで、今回は取得しようとしている独自ドメインが過去に使われていたものかどうかを調べる方法についてご紹介していきたいと思います!

 

 

ウェイバックマシンの使い方

 

ドメインの過去情報を調べられるサイトは複数あるらしいのですが、私は、『WayBackMachine(ウェイバックマシン)』

というサイトを使いました!

 

ウェイバックマシン↓

https://archive.org/web/web.php

 

使い方はカンタンです。

サイトを開くとすぐに検索フォームが出てきますので、取得したいと思っているドメイン名を入力します。

 

私の場合は、

と入力しました。

(ドメインの最後は一番人気の.comにする予定だったので)

 

そして...このあと私と同じ手順で進む方は(進まなくてもなのか?)途中でドメインにwwwも付くので、検索するときは、

https://www.(使いたいドメイン名)(.comや.jpなど使いたいドメイン名)

で調べるといいと思います。

 

...大体ドメインの最後は.comを選ぶ人が多いみたいです。

値段も変わってくるので、お名前.comやムームードメインなどで調べてみるといいと思います。(私はムームードメインを使用しました)

 

www.netohapi.com

 

 

 

ウェイバックマシンの見方

 

▶ドメインが過去に使われていない場合

検索したドメインが過去に使われていない場合は、

Hrm。

とだけ出ます。

 

検索したドメインは過去誰にも使われていたことがないので、安心して使用できます!

 

 

 

▶ドメインが今現在ウェブ上に存在する場合 

検索したドメインが、今現在ウェブ上に存在する場合は、 

 Hrm。

このページはウェブ上にあります!

と出ます。

 

今現在誰かが同じドメインを使用しているので、このドメインは使用できません。 

 
 
 

▶ドメインが過去に使われていた場合

検索したドメインが過去に使われていたことがある場合、

棒グラフ

水色の丸が付いたカレンダー

が出てきます。

 

棒グラフとカレンダーに、検索したドメインが過去に使われていた期間が表記されています。

棒グラフの上にリンクも出てくるのでそこを開くと、検索したドメインを過去に使っていたサイトの情報が詳しく出てくるみたいです。

(...出てくるみたいですと不確かなのは、英語だったため私にはチンプンカンプンだったからです。汗)

 

つまり、このドメインは過去に使っていた人がいるということです。

中古ドメインですね。

別に前に使っていた人がなにか違反をしたというわけではないのなら、そのドメインを中古で使っても構わないとは思うのですが...

まぁ、個人的には使わない方が無難かなと...。

前の人の情報をいろいろ調べるのも面倒ですしね。汗

 
 
 

 まとめ

 

以上、取得しようとしている独自ドメインが過去に使われていたものかどうかを調べる方法についてでした。 

私が検索したドメインは、幸い過去に誰にも使われていたことがなかったらしく『Hrm』とだけ出ました。

ですので安心してこのあと取得することができます!

私はたまたま第一候補が誰にも使われていませんでしたが、結構「同じドメインが過去に使われていた!」という人も多いみたいです。

ですので、検索するときは第一候補第二候補といくつか使用したいドメインを用意しておくのもいいかもしれませんね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/


www.netohapi.com