ねとはぴ!

ネットと断捨離が大好きな引きこもりです。YouTube・オタク情報・ネットの疑問・断捨離のことなどを紹介しています!

【ボッチ最高】友達がいなくて良かったこと6つ!|友達はいなくったっていい

f:id:miniaoringo:20180309021311j:plain

 

突然ですが、私には友達がいません。

見事にひとりもいません。

''0人''です。

 

年賀状も毎年一枚もきません。

スマホの住所録も家族の名前しか入っていません。

 

病的なミニマリストなため、友達も全員断捨離してしまいました☆

 

...というわけではもちろんないのですが、汗

大学を卒業した後それまでの学生時代の友達とはなんとなく疎遠になっていき、そのまま私は半引きこもりのような生活になってしまったため新たな友達ができることもなく、...今日まできてしまった感じです。

 

でも、正直寂しいと思ったことはあまりありません。

...まぁいたらいたにこしたことはないと思うので、多少強がっている部分はあるのかもしれませんが。

でも、いないならいないで割といいこともあるんです!

 

ということで、今回は友達がいなくて良かったことを6つご紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

友達がいなくて良かったこと6つ

  

モノが増えない

 

f:id:miniaoringo:20180308185655j:plain



まず『年賀状』をもらいません。

『手紙』も『お土産』も『誕生日プレゼント』ももらいません。

モノを増やしたくないミニマリストにはとても助かります。

 

 

 

データが増えない

 

f:id:miniaoringo:20180308175508j:plain

 

スマホの住所録は家族の名前しか入っていないため、非常にスッキリとしています。

友達と写真を撮ることもないので、フォルダが重くなることもありません。

ラインのグループ分けやら、メールアドレスや電話番号の変更登録やら、この人のアドレスは残しておくべきかどうかの悩みやら...、そのようなデータに関する面倒事に一切煩わされることがありません。

 

 

 

●お金が減らない

 

f:id:miniaoringo:20180308180939j:plain



食事や遊びに誘われることがないため、交際費は一切かかりません。

誕生日プレゼントやお土産を買う必要もなく、結婚式に呼ばれることもないのでご祝儀代やドレスアップ代もかかりません。

 

 

 

●ストレスが溜まらない

 

f:id:miniaoringo:20180308184642j:plain

 

これは人にもよると思うのですが...私は比較的仲のいい友達といても帰ってくるとドッと疲れてしまうタイプでした。

もともと一人の方が好きというのもあるのですが、気い使いしぃなところと、相手の悩みや希望をなんでも叶えてあげたいという無駄におせっかいで長女気質なところがあるせいだと思います...。

あとは、チキンメンタルなところもあるので相手の何気ない言葉に傷ついたり、あるいは、

''今の言葉、もしかして感じ悪く聞こえたかな...''

とこちらが発した言葉にいつまでもウジウジと悩んだり...と、とにかくなんだかいつも心の中をざわざわとざわつかせていました。

ですが友達がいなくなり、そのような人付き合いによるストレスからも一切解放されました。

 

 

 

●比べて落ち込むことがない

 

f:id:miniaoringo:20180308181020j:plain

 

人と比べるのはよくないとわかってはいても、やはりどうしても比べてしまうこともあるかと思います。

とくに友達が多ければ多いほど比較する対象も多くなり、誰々は結婚した、仕事がうまくいっている、恋人に何かを買ってもらった...など、自分が不調なときはあまり耳に入れたくないような情報も多く耳に入ってきます。

そんなときはつい相手を妬んだり僻んだりしてしまうこともあるかもしれません。

しかし友達がいなければ、そのような精神がささくれ立ってしまうようなできごとは一切耳に入ってこず、常に心穏やかでいられます。

 

 

 

●時間がすべて自分のためだけに使える

 

f:id:miniaoringo:20180308175515j:plain

 

気が進まないときの友達との付き合いや、メールやLINEでのやりとりなど...そういった少々面倒なことに割いていた時間をすべて自分のためだけに使えます。

誰にも邪魔されることなく、存分に自分の好きなことや興味のあることに没頭できます。

 

 

 

まとめ

 

f:id:miniaoringo:20180819020858j:plain

 

世の中には、

「友達がいないなんてありえない!寂しい!絶対無理!常に誰かと一緒じゃなくちゃ嫌!」

という人もいます。

私の昔の友達には、そういったタイプの人が多かったように思います。

そういう友達をみる度に、 

''常に誰かと一緒にいて疲れないのかな...''

''そんな大勢と連絡を取り合っていて面倒じゃないのかな...''

と、少し不思議に思っていたりもしました。

 

でもそういうタイプの人たちは別に無理してそうしている訳ではなく、そっちの方が楽しいから、そっちの方が精神的に安定するからそうしているだけなんですよね。

 

世間的には、友達が少ない人=寂しい人と思われがちですが、人によって精神的に負担にならない友達の数がある気がします。

...でもよく考えると人数の問題じゃなくて、気を張らなくてもいい本当の友達にどれだけ出会えるかのような気もします。

でも世の中にはたいして仲良くなくても「とりあえず誰かと繋がっているだけで満たされる」という人もいるみたいです。

となるとやはり気を張る張らないの問題ではなく、本人の性格の問題のような気もします。

...だんだん何を書いているのかわからなくなってきました。

こういうことをごちゃごちゃと考えるから、やっぱり私はひとりが向いているのかもしれません。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/