ねとはぴ!

ネットと断捨離が大好きな引きこもりです。YouTube・オタク情報・ネットの疑問・断捨離のことなどを紹介しています!

コードをまとめるには結束バンドとケーブルボックスどちらが便利か?|価格・手軽さ・見栄え比較

f:id:miniaoringo:20180821132716j:plain

どうも。

今回は、『結束バンドとケーブルボックスの比較』についてご紹介していきたいと思います!

 

 

 

コードごゃちごちゃは部屋が汚く見えて損

 

電化製品のコードって、多くなるとゴチャゴチャと絡まりとても見苦しくなりますよね...。

 

f:id:miniaoringo:20180302151510j:plain

↑こんな風に...。

 

電化製品が集中している場所はどうしてもコードが多くなってしまい、まとめるのが大変です。

 

裏板が付いているテレビ台なら多少ごちゃごゃちしていても後ろに隠してしまえば視界からは隠せますが、私のようにテレビ台にスチールラックなどの裏板が付いていないものを使っている場合は、後ろがスケスケのためどうしても視界から隠すことができません。汗

 

やはりいくら部屋をキレイにしていても、こういう細かいところがごちゃごちゃしていると途端に部屋全体が汚らしく見えてしまいます...。

 

...ということで「コードをキレイにまとめよう!」と思うのですが、

一般的にコードをまとめるものって2つありますよね。

 

『結束バンド』

『ケーブルボックス』

 

...果たしてどちらの方がキレイにまとまるのか?

今回は、この2つを徹底的に比較していきたいと思います!

 

 

 

結束バンドVSケーブルボックス 

 

結束バンドの場合

 

f:id:miniaoringo:20180302161717j:plain

 

価格  ★★★★★

手軽さ ★★☆☆☆

見栄え ★☆☆☆☆

 

まずは、結束バンドです。

結束バンドは百均などにも売っているので比較的安く手軽に手に入ります。

...ただコードが多い場合、結束バンドだとまとめるのがかなり大変です。 

しかも苦労してまとめても、なんだかあまりまとまって見えないというか...

むしろコードを束ねて太くしてしまったせいで、余計に視覚的な存在感が増してしまうというか...。

正直これは、見える場所のコードを束ねるにはイマイチですね。

テレビ台の裏など、視覚から隠れる場所に使う分には問題ないと思います。

 

 

ケーブルボックス

 

f:id:miniaoringo:20180302161704j:plain

 

価格  ★☆☆☆☆

手軽さ ★★★★★

見栄え ★★★★☆

 

''もっとこう根本的に、ガバッと全部コードを隠したいんだよなぁ...''

と思い、次にケーブルボックスを試してみたのですが...

こちらは大正解でした!

価格は結束バンドと比べて少々お高めですが(¥3000くらい)

チマチマと取り付ける結束バンドと違って、ケーブルボックスならガバッと一気にコードが入れられるのでまとめるのがとてもカンタンでした!

 

f:id:miniaoringo:20180303194249j:plain
f:id:miniaoringo:20180303194318j:plain



見栄えも、コードがすべてケーブルボックスの中に隠れてしまうので非常にスッキリと見えます。

...ただ、どうしてもケーブルボックスそのものが少し大きく存在感があるため見栄えは星4つにしました。

また結束バンドよりも場所をとるため、コードをまとめる周辺にスペースの余裕がないと使えないという点もあります。

 

 

 

まとめ

  

f:id:miniaoringo:20180303195014j:plain
f:id:miniaoringo:20180303195738j:plain

 

以上をふまえて、コードをまとめるときは、

視覚に入らない場所のコードをまとめる場合は

『結束バンド』

視覚に入る場所のコードをまとめる場合は

『ケーブルボックス』

が、最適だと思います!

 

ケーブルボックスは大きさもあり価格も結構高いため今まで買うことを躊躇していたのですが、いざ買ってみると思っていたよりもずっとカンタンにキレイにコードがまとまって驚きました。

(ちなみに私が買ったケーブルボックスはケーズデンキのモノです)

 

''結束バンドだとイマイチキレイにまとまらない...''

とお悩みの方は、ケーブルボックスにしてみたら即解決するかもしれません。

おすすめです!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/