ねとはぴ!

ネットと断捨離を愛するオタクな引きこもりです(`ω´)「YouTuberについて」「オタク情報」「アドセンスへの挑戦」「断捨離について」などを紹介しております!よろしくお願いします。当ブログの引用・転載はご遠慮くださいm(__)m

「ねこぢる草」のあらすじと感想【奇妙なショートアニメレビュー】

どうも!

今回は、奇妙なショートアニメ「ねこぢる草」の、あらすじと感想をご紹介していきたいと思います。

 

  

 

ねこぢる草

 

時間   32:20      

原作   ねこぢる   

監督   佐藤 竜雄     

発売日  2001年2月21日

奇妙度 ★★★★★

恐怖度 ★★☆☆☆

グロ度 ★★★☆☆

  

あらすじ 

 

猫の姉弟、にゃーことにゃっ太の冒険物語です。

ある日、病気で伏せているにゃーこのもとに死神がやってきます。

にゃーこの魂を持ち去ろうとしますが、それに気付いた弟のにゃっ太が応戦し、なんとか魂の半分を取り返します。

しかし、魂が半分なくなってしまったためか、にゃーこは抜け殻のように生気がなくなってしまいます。

なんとかにゃーこを元に戻そうと、にゃっ太はにゃーこを連れて旅に出ます。

そこから、妄想と現実が入り交じったのような不思議な冒険が始まります。

  

 

 

感想

 

個人的に、奇妙さを感じるアニメの中ではトップクラスに好きな作品です!

物語の支離滅裂さと、要所要所に出てくる不気味な表現がとてもクセになります。

しかし、不気味なだけではなく、ところどころユーモラスだったりかわいらしかったりするシーンもあり(豚のところとか)、どんな感情で見ればいいのか混乱してくるような情緒不安定な魅力があります。 

熱にうなされているときに見る悪夢を、そのまま物語にしたような作品です。

 

細かいところですが、序盤の、三匹の猫が井戸端会議をしているシーンが、妙にお気に入りです。笑

何故か、三匹の猫の背中には栓があり、にゃっ太が一匹の猫の栓を抜いてしまうと、そのままプシューと萎んでしまいます。

残り二匹の猫は、萎んだ猫に一瞬気を取られますが、またすぐに何事もなかったかのように話を続けます。

...なんなんでしょうね、あのシーン。

...好きです。笑

 

サーカスのシーンや大きな鍋で煮られるシーンや、にゃっ太が腕を縫ってもらうシーンなど、ところどころ血の表現やグロテスクな表現があったりもするのですが、主人公が猫なせいか、あるいは、非現実的すぎる作風のせいか、それほどグロテスクには感じません。

 

物語のラストは、ハッピーエンドと見せかけて、最後の最後で、とても不気味かつ切ない終わり方をします。

そして、そのままエンディングに突入し、エンディングのオルゴールの美しさと不気味さに、また少しゾッとさせられます。

...あの、オルゴールを巻き直す演出はとてもいいですね。新しい!

 

後味はとても悪い作品なのですが、この作風でハッピーエンドというのもまた少し違う気がしますので、個人的にはこの終わり方でいいような気がします。

 

...原作者のねこぢるさんは、病んでいたという説もある「ねこぢる草」。

いまいち、凡人には理解するのが難しいストーリーですが、それ故にいろいろと考えさせられるとても魅力的な作品です!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/