ねとはぴ!

ネットと断捨離が大好きな引きこもりです。YouTube・オタク情報・ネットの疑問・断捨離のことなどを紹介しています!

『ねこぢる草』のあらすじと感想|奇妙なショートアニメ紹介

f:id:miniaoringo:20180304034035j:plain

 

ちょっと奇妙さを感じる世界観ってステキですよね。

ホラーのようにわかりやすく幽霊などの怖いものが出てくるわけではなく、

''よくわからないけれど少し怖い...''

''よくわからないけれど少し不気味...''

そんな日常の歯車が少し狂ってしまったかのような、熱にうなされているときに見る悪夢のような、奇妙という名の世界観。

 

不気味で怖くてシュールで不思議で、なおかつ少し考えさせられるような...

そんな奇妙さを感じるアニメが私は大好きです!

そういった支離滅裂な世界観を違和感なく具現化できるのは、アニメならではの気がします。

 

ということで、今回はそんな奇妙さに存分に浸れるショートアニメ『ねこぢる草』のあらすじと感想をご紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

ねこぢる草

 

時間        32:20

原作        ねこぢる

監督       佐藤 竜雄

発売日  2001年2月21日

 

奇妙度 ★★★★★

 

 

あらすじ 

 

猫の姉弟、にゃーことにゃっ太の冒険物語です。

ある日病気で伏せているにゃーこのもとにしにがみがやってきて、にゃーこの魂を持ち去ろうとします。

ですがそのことに気付いたにゃっ太が応戦し、なんとか魂の半分を取り返します。

しかし魂を半分しか取り戻せなかったせいか、にゃーこは抜け殻のように生気がなくなってしまいます。

なんとかにゃーこを元に戻そうと、にゃっ太はにゃーこを連れて家を出ます。

そこから妄想と現実が入り交じったかのような不思議な旅が始まります。

 

 

感想

 

個人的に奇妙さを感じるアニメの中ではトップクラスに好きな作品です!

物語の支離滅裂さと要所要所に出てくる不気味な表現がとてもクセになります。

でもユーモラスだったりかわいらしかったりするところもあり(豚のシーンとか)、どんな感情で見ればいいのか混乱するような情緒不安定な魅力があります。 

まさに悪夢を絵に描いたような世界です。

細かいところですが、アニメ序盤の三匹の猫が井戸端会議をしているシーンが妙にお気に入りです。

なぜか三匹の猫の背中には栓があり、にゃっ太が一匹の猫の栓を抜いてしまうとそのままプシューと萎んでしまいます。

残り二匹の猫は萎んだ猫に一緒気を取られますが、すぐにまた何事もなかったかのように話を続けます。

なんなんでしょうあのシーン...とくに物語とは関係のないようなシーンなのですが、好きです。笑

物語の終わり方にも不気味さを感じます。

ゾッとするような悲しくなるような終わり方で、なおかつエンディングのオルゴールにまた少しゾッとさせられます。

あのオルゴールを巻き直す演出はとてもいいですね。

原作者のねこぢるさんは病んでいたという説もある「ねこぢる草」。

いまいち理解するには難しいストーリーですが、それ故にいろいろと考えさせられるとても魅力的な作品です。