ねとはぴ!

ネットと断捨離が好きな引きこもりです。「YouTuberについて」「オタク情報」「ネットの疑問」「アフィリエイトへの挑戦」「断捨離について」などを紹介しております!

「貼って剥がせるタオルハンガー」の貼れる場所と貼れない場所/意外と貼れない場所も多いので注意!

スポンサーリンク

f:id:miniaoringo:20171130230928j:plain

 

どうも!

今回は、『貼って剥がせるタオルハンガーの貼れる場所と貼れない場所』についてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

便利な『貼って剥がせるタオルハンガー』

 

最近、百円ショップキャンドゥで、“貼って剥がせるタオルハンガー”というものを発見しました!

 

『はがし跡残らずキレイ タオルハンガー』

(これが名称かな?) 

というものです。

吸盤ではなく、テープで貼り付けるタイプのタオルハンガーで、“貼って剥がせる”という特殊な両面テープで貼り付け、剥がすときは、楕円形の部分の下を「カポッ」とはずし、そこから両面テープの端を下に向かって「グニョーン」と引っ張ると、跡も残らずキレイに剥がせる!...というものです。

 

これ、偶然見つけて衝動買いしたのですが...とっても便利でした! 

我が家は、今までずっと吸盤のタオルハンガーを使ってきたのですが、吸盤のタオルハンガーって、吸盤が劣化してきてくっ付かなくなってくると、ものすごくイライラするのですよね。笑

何度も何度も付け直しても、またしばらくすると落ちていたりして...それが結構ストレスになっていました。汗

 

しかし、このテープで貼るタイプのタオルハンガーに変えてからは、劣化して落ちるということもなくなり、また、割と強めに引っ張っても外れることもないので、とても便利です!

剥がし跡も残らないというので、安心して使えます。

 

 

 

貼れない場所も多い?


しかし、そんな便利な“貼って剥がせるタオルハンガー”ですが...

どこにでも貼れるというわけではなく、意外と貼れない場所も多くあります。

“貼って剥がせる”が売りのタオルハンガーですが、取り付けに適さない場所に貼ってしまうと、タオルハンガーがすぐに落ちてしまったり、また、貼った場所を傷めてしまう恐れがあるそうので、注意が必要です。

 

...では、どこに貼れてどこに貼れないのか?

 

『取り付けに適する場所』と『適さない場所』を、それぞれまとめていきたいと思います!

 

 

 

『貼って剥がせるタオルハンガー』の“貼れる場所”と“貼れない場所”

 

取り付けに適する場所

 

  • 凹凸のない平らな面
  • 粘着テープ(5.4cm)より大きいタイル
  • プラスチック
  • ステンレス
  • 化粧合板
  • 冷蔵庫などの金属塗装面
 

 

 

取り付けに適さない場所

  

  • 壁紙
  • ビニル壁紙
  • 布壁
  • 木壁
  • しっくい
  • モルタル
  • コンクリート
  • 水性塗装面
  • プリント合板
  • ガラス
  • 曲面
  • 水滴のつく場所
  • 水のかかる場所
  • フッ素などにより表面コーティングされている面
  • 40℃以上の高温になる場所
  
 
 

まとめ

 

以上、『貼って剥がせるタオルハンガーの貼れる場所と貼れない場所』でした。

水滴のつく場所、水のかかる場所では使用ができないので、お風呂場などには貼ることができませんね。

しかし、キッチンのシンク下や、洗面所の洗面台などには、問題なく貼ることができると思います。

思ったよりも、ずっと便利で使い勝手が良かった“貼って剥がせるタオルハンガー”!

是非、一度購入してみてはいかがでしょうか。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/