ねとはぴ!

ネットと断捨離が大好きな引きこもりです。YouTube・オタク情報・ネットの疑問・断捨離のことなどを紹介しています!

『Okashina Hotel(おかしなホテル)』のあらすじと感想|奇妙なショートアニメ紹介

f:id:miniaoringo:20180304034035j:plain

 

ちょっと奇妙さを感じる世界観ってステキですよね。

ホラーのようにわかりやすく幽霊などの怖いものが出てくるわけではなく、

''よくわからないけれど少し怖い...''

''よくわからないけれど少し不気味...''

そんな日常の歯車が少し狂ってしまったかのような、熱にうなされているときに見る悪夢のような、奇妙という名の世界観。

 

不気味で怖くてシュールで不思議で、なおかつ少し考えさせられるような...

そんな奇妙さを感じるアニメが私は大好きです!

そういった支離滅裂な世界観を違和感なく具現化できるのは、アニメならではの気がします。

 

ということで、今回はそんな奇妙さに存分に浸れるショートアニメ『Okashina Hotel』(おかしなホテル)のあらすじと感想をご紹介していきたいと思います! 

 

 

 

 

Okashina Hotel(おかしなホテル)

 

時間        1:42

作画・監督  三原三千夫

放送日      2008年

 

奇妙度 ★★★☆☆

 

 

あらすじ

 

一見普通に見えるホテルの中で支離滅裂なことがいくつも起こります。

部屋からライオンや象が出てきたり、ホテルの中を普通にタクシーが走っていたり、廊下で軍隊が戦っていたり、部屋の中から巨大な手が出てきたり...

そんな通常ではありえないことが次々に淡々と起こります。

基本視点は最初から最後まで一点で固定されたまま動きません。

ずっとホテルの廊下だけを映し続けています。

 

 

感想

 

絵のタッチがいい意味で粗く独特で、それがまたこの奇妙な世界観を引き立てています。

ホテル内で通常ではありえないことが起きているのに、出てくる人物全員がそれをまるで当たり前のことのように受け入れているところにシュールさと不気味さを感じます。

でも不気味なだけではなく、

''なんでたよ!''

と思わずツッコミたくなるような、少しクスリとさせられるコミカルさもあります。

出てくるものがすべて予測不能すぎて、

"次はどの部屋が開いてなにが起きるのか?"

"どこから誰が出てきてなにをするのか?"

と、始終ワクワク感を感じられるびっくり箱のようなアニメです。