ねとはぴ!

ネットと断捨離を愛するオタクな引きこもりです(´・ω・`)「YouTuberについて」「オタク情報」「アドセンスへの挑戦」「断捨離について」などを紹介しております!当ブログの引用・転載はご遠慮くださいm(__)m

「Okashina Hotel(おかしなホテル)」のあらすじと感想【奇妙なショートアニメレビュー】

どうも!

今回は、ショートアニメ「Okashina Hotel(おかしなホテル)」の、あらすじと感想をご紹介していきたいと思います。

 

  

 

Okashina Hotel(おかしなホテル)

 

時間     1:42   

作画・監督  三原三千夫

放送日    2008年   

奇妙度 ★★★☆☆

恐怖度 ★☆☆☆☆

グロ度 ★☆☆☆☆

 

あらすじ

 

一見、普通に見えるホテルの中で、支離滅裂なことがいくつも起こります。

部屋からライオンや象が出てきたり、ホテルの中を普通にタクシーが走っていたり、廊下で軍隊が戦っていたり、部屋の中から巨大な手が出てきたり...

そんな、通常ではありえないことが次々に淡々と起こります。

基本、視点は最初から最後まで一点で固定されたまま動きません。

ずっと、ホテルの廊下だけを映し続けています。

 

 

 

感想

 

絵のタッチが、いい意味で粗く独特で、それがまたこの奇妙なアニメの世界観を引き立てています。

ホテル内で、通常ではありえないことが次々と起きているのに、出てくる登場人物たちが、それをまるで当たり前のことのように受け入れているところに、シュールさと不気味さを感じます。

しかし、不気味なだけではなく、

「なんでだよ!」

と思わずツッコミたくなるような、コミカルな部分もあります。

出てくるものがすべて予測不能すぎて、

「次は、どの部屋が開いてなにが起きるのか?」

「次は、どこから何が出てくるのか?」

と、始終ワクワクさせられる、びっくり箱のようなアニメです。

しかし、基本視点が一カ所から動かず、ずっと廊下で固定されているため、割と支離滅裂なことが起きている割には、とても静かに見えるアニメです。

それもまた、大人っぽいといいますか、超現実な世界観が引き立っていてよかったです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)/